―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sound sepher-Megalomachia2

坂本昌一郎氏のサークル、sound sepherの新譜。
sound sepher Megalomachia2

前作Megalomachia、東方幻奏祀典4"Excess"以来の新譜で、
本作も東方アレンジのアルバムと同日発売になった一枚!
数多くのコンポーザーを招いての本作は、
バトル曲をテーマにしているらしく、非常に熱い展開を期待させられる。
商業の方ではもうすぐ発売される11eyes -Resona Forma-の、

BGMを担当し、またもや秀逸なBGMを彩ってくれるであろうと期待しております(笑)

・収録曲等

1.「微睡みの淵より至る」
(Composed by 坂本昌一郎)
2.「常闇遍し万魔の王」


 
(Composed by 坂本昌一郎 / Gt.setzer)
3.「Encounters」  
(Composed by 濱本麻央)
4.「Burning Destiny」  
(Composed by 柳英一郎 / Gt&Bs.山田宇宙)



5.「Atrocious」  
(Composed by 矢鴇つかさ)
6.「SUPER-REFLEX」  
(Composed by 安井洋介)
7.「英雄の誓い」  
(Composed by 坂本昌一郎)
8.「Scarlet Rose」  
(Composed by 坂本昌一郎)
9.「Escape from the nightmare」  
(Composed by setzer)
10.「chaos crawler」  
(Composed by 来兎)
11.「Spreading Mystery」  
(Composed by 渡部恭久)
12.「雷暁の鎚~ミョルニル~」  
(Composed by Morrigan)



13.「Royal Command」  
(Composed by TERRA
Gt.BB(takrockers!!) and TERRA)
14.「握り拳ケン」  
(Composed by bermei.inazawa)



総評→★★★★★★★★★★10/10点。
一曲目は短いインストで開幕を飾り、
次は11eyesのバトルシーンを彷彿とさせる楽曲!
クワイア・ストリングス・チャイナシンバルちっくな打音で疾走し、
11eyes好きには激しくたまらないサウンドに。
リードギターのメロも熱くバトル物ならではのクサさを放つ!!
三曲目はオーケストレーションが効いた曲で、
壮大・ドラマティックさを掻き立て、
シンフォブラのディムボガー辺りが好きならグッときます。
四曲目はバンドサウンドが前面出ており、
開幕から慟哭のギターに、ゴリゴリのベース、
更には歌物とになっており、熱いリリックながらも叙情メロが際立つ。
シンセ・ピアノ等もスパイスになってて良いですね~。
五曲目はやや毛色が打って変わって電子音色が濃く、
打ち込みなどでビートを刻み淡々と進みながらも、
サビらしき所ではめくりめく電子音攻勢に。
六曲目は若干レトロさが窺えつつも、
かなり印象に残る質感な音作りで好きですね~。
途中プログレちっくに複雑的に絡み合う展開や、
シンセワークの良さに傾聴してしまう。
七曲目は再び坂本氏の楽曲になっており、
序盤から坂本節と言わざるをえないサウンドを撒き散らす!
へヴィなバンドサウンドで疾走し、
シンセで道を切り開きながらどんどん駆け抜けてゆく。
まるで上級・幹部クラスのボスと対峙した緊張感(笑)
八曲目も引き続き坂本氏の楽曲になっており、
エッジの効いたストリングスを舞わせながら、
アコーディオンの調べに重低音が効いたバンドサウンド、
ピアノ、ブラスサウンドまで現れるも、グルーヴ感は見事!
九曲目は電子音が濃ゆい感じで始まり、
程よく伸びるシンセや、冷たい質感のピアノなどが入る。
また、全体的に敷かれている音のウエーブが気持ちいい(笑)
十曲目は吸引力を感じさせる演出を仕掛け、
そこから始まりと言わんばかりに打ち込み音が鳴らされる。
男性低音クワイアに、女性の加工されたようなもの?っぽいのも入る。
静と動も使ってきておりアクセントに。
十一曲目は中盤までは金属音が耳につき、
それから多少壮大さを窺わせながらも神秘的な一面も。
出来ればもう一押し何か欲しかったかなと思わされたり。
十二曲目はタイトルに恥じない大仰なサウンドで始まり、
壮大さを湛えたオーケストレーション。
起伏もバッチリと有り、盛り立てるシーンは圧巻!
waveやTutti Sound辺りが好きなら文句なしでしょう。
十三曲目はここでようやくガッツリとしたギターサウンドを堪能出来、
鋭いグリッサウンドから始まり、チョーキング攻勢!
リードギターはメロディアスに駆け抜け疾走し、
一部ツインギターのハモリはノックアウトされました!!
サイドギターのバッキングもへヴィさがあり満足。
後半はエモーショナルさを出してきたと思ったら、
急激に速弾きを展開しており、息を呑んで傾聴してました(笑)
ラストトラックはノイズマジリで始まり、
ささやかなバンドサウンドで幕を開け、
タイトルから想像出来るとおり、殴打するようなSEが。
途中カオティックな展開が犇めいており、
「うん?」「え?」と言いながら聴き進めてました。
ラストトラックにして非常に独特で難解な楽曲でしたでしょうか。
総合的にバトル物をコンセプトとしたアルバムは、
やはりチープさが有る楽曲が多い気がしますが、
本作はそんなことはなく、ガッツリと満足出来る内容に。
へヴィさクサさ熱さの三拍子を見事に兼ね揃えたアルバムに!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。