―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foreground Eclipcse-Tears Will Become Melodies Tonight

同人エモ・スクリーモ、Foreground Eclipseの新譜。
Foreground Eclipcse Tears Will Become Melodies Tonight

前作Wishes Hidden In The Foreground Noises以来のフルアルバムで、
その間にもデモのCDを2枚ほど輩出しているようですね~。
略称ふぉあぐらということで、
あんきも・あんこう・いくらなどの、海産物の略称御三家を彷彿としてしまう(笑)
ふぉあぐら自体はBarrage Am Ring 0という、
メタルコンピレーションアルバムで初めて知ったんですが、
どうやら今では同人メタル界隈でかなりの人気を博している御様子。
バンド編成という時点で嬉しいのに、
ヴォーカリストがめらみさんという事で、嬉しいことこの上ないわ!!(笑)
最大のポイントはエモ・スクリーモ成分を擁した楽曲になっており、
男性のシャウトが、めらみさんのリードヴォーカルと良いマッチを醸す!


トラック1Are You Ready To Fall Into Falls
一曲目は約1分のフォールオブフォールのインストアレンジ。
打ち込み電子音で、原曲がしっかりと分かるメロを踏襲。
そしてラスト辺りではサウンドが炸裂していき、
トラック2へと華麗に繋いでゆく・・・。

トラック2Fall Of Tears
切れ味鋭く、エモーショナルな咆哮一発で始まり、
バンドサウンドもエモ系らしさが味わえる。
歌メロでのバンドサウンドも、何処か哀愁さが漂う感じに、
めらみさんの歌唱もまたその感情を助長させる。
ドラムフィルイン・リードヴォーカル・スクリーモヴォイスから、
サビに移るめらみさんの歌唱が凄くツボでたまらない!
間奏パートではスクリーモで捲くし立て、
エフェクト気味で奥まった歌唱にブリッジミュートとなり、
そこから静から動へと改めて進行していく。



トラック3Flames Within These Black Feathers
次は霊地の太陽信仰、業火マントルのアレンジ。
伸びやかなリードギターにへヴィなサイドギター、
パワフルなドラムサウンドにスクリーモヴォイスを飛ばしてくる!
バンドサウンドのグルーヴィーさも相まってなかなかアタック感も。
アグレッシブなドラミングにリードヴォーカルに、
適度な存在感を示すスクリーモの合わせ技がやはりいい。
めらみさんの歌唱で壮大さを牽引してるのも流石!
終盤はクラッシュシンバルを鳴り響かせながら、
いつも通りのサウンドで進行させてゆく。



トラック4Angels, Monsters, The Secret Lyrics
お次は竹取飛翔のアレンジ。
いきなり喚き立てるがなりに、
怒涛のへヴィなバンドサウンドが展開!
これはキラーチューンか!?と思ってたら、
電子音に機械音っぽさがあるめらみさんの歌唱で雰囲気が一転。
そこからはバッキングギターなどでへヴィさを取り戻しつつも、
シンセが原曲のメロを踏襲した感じに。
決してミスマッチじゃなく寧ろクセになりそうな楽曲。

トラック5Iris
続く5曲目は上海紅茶館のアレンジ。
乾いたスネアと合間合間に挟んでくるバスドラが耳に付き、
キャッチーな原曲通りに歌うめらみさん。
最後辺りで気づきましたけど、シャウト等が一切無く、
スクリーモ系ヴォイスが苦手な方には良さゲ。
聴きやすさや軽快さなど、あまりクセもないですし。

トラック6Magus Night
お次に控えるはメイガスナイトのアレンジ。
シンバル数発に、交互から鳴らされるツインギターが、
リズミカルで、そこから原曲の怪しさを纏った流れになり、
スクリーモヴォイスが世界観に映えますね~。
おまけに待望の疾走チューンということで、
ヒートアップ気味なドラムサウンドがたまらない!
終盤ちょびっとテンポダウンしちゃうのが勿体無い。

トラック7Perchance To Dream: Ay, There's The Rub
7曲目はアルティメットトゥルースのアレンジ。
奥まったサウンドから始まり、ゴシック系路線かなと思いきや、
怒涛に繰り広げられるバンドサウンドにスクリーモヴォイス。
バッキング、バスドラ、グリッサンドなども入れてきており、
一気にメタリックサウンドで疾走していく!!
これぞ待ちわびたキラーチューン!!
うっすらとしたコーラスやら、シンセサウンドも入り、
やはり壮大さというか、伸びやかなパートもある。
驚きなのは間奏の部分で、スクリーモヴォイスを飛ばしつつ、
ドゥームメタルを彷彿とさせる進行速度に一時期なりつつ、
サイケチックな電子音が場を侵食していく。



トラック8Calm Eyes Fixed On Me, Screaming
次はルーネイトエルフのアレンジ。
こちらも奥まったサウンドで始まり、
スピーディーな疾走感を味わえたり。
勿論叙情パートもしっかり抑えつつ、
スクリーモとクリーンが被る所が好きだな~と。
間奏でようやくツインギターのリフの絡み合いが登場し、
そしてブレイクダウンに入りグリッサンドなどで緩やかに。

トラック9Florentia
ラストトラックは天空の花の都・幽霊楽団のアレンジ。
珍しい加工音とブリッジミュートで始まり、
乾いたスネアやせわしない小刻みなカッティングで進行。
個人的には盛り上げが上手いドラミング・フィルインが好印象!
この手のジャンルはドラムサウンドがやはり素晴らしい。
キック音、クラッシュシンバル、スネアを叩くときの躍動感等。
ギターリフは間奏で珍しくメロディアスさがあったり(笑)


総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
トラック10はボートラなんですが、
クリスマスの装飾音がシャンシャンと鳴り渡り、
ロリっちい女の子のセリフが入り、
バンドサウンドがミスマッチな世界観に融合。
非常に謎いボートラになってますでしょうかね(苦笑)
今回ちゃんとふぉあぐらのCDを聴きましたが、
同人で似てるサークルならUndead Corporationかな~。
あんこうは同じ東方アレンジとはいえ、
かなりオリジナルに近いぐらいの作風に、
テクニカルなギター陣の強力さなどで、
ハードで本格的なプレイが魅力的な反面、
こちらのふぉあぐらは原曲重視スタイルで、
キャッチーさが滲み出て、適度なメタリック。
欲を言えばギタソロとか入れて欲しかったかなと。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。