―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

Kraster-Re:solution

同人サークル、Krasterの新譜。
Kraster-Resolution.jpg

前作MEMORIA以来となる新譜。
コンポーザーの羽丘淳さんによる、
バンドサウンドを基調にしつつも、
マルチなジャンルな曲を送り込むKraster。
歌い手さんにはお馴染みのNe;onさんは居ますが、
ハイジさんは居ないものの、
男性ヴォーカリストさんが参加しており、
一曲目の有頂天変のアレンジで昇天しましたよ(笑)
男性ツインヴォーカル&疾走激ロックチューンだし。


トラック1Breaking to the night
開幕を飾るは羽丘淳さん&父さんによる有頂天変のアレンジ!
しょっぱなから超キラーチューンだと思わされた楽曲。
パワフルなドラミングにツインギターで始まり、
やや熱いリフを繰り広げつつ疾走していくっ!
歌い出しがポルノグラフィティの岡野さんを彷彿とさせる歌声(笑)
歌メロになるとへヴィさを有したバッキングギターのラインが心地よくスピーディー。
サビ直前にグリッサンドを、サビでは同じように怒涛のバンドサウンドですが、
歌唱面ではツインヴォーカルでありながら、クールさが漂う。他のメロは熱い。
ギタソロではテクニカルプレイを見せつつ、
メロウなツインギターのユニゾンを展開しつつも、
速弾きを織り交ぜ、ソロラストは単音引き伸ばし!
その後は静と動を演出するかのようにアルペジオちっくなサウンドに、
ごりごりとした金属音が前面に出たベースサウンドが主張。
そして改めて疾走で駆け抜けていき、ラストはハイトーンヴォイス。



トラック2愛 Love2 Darling!!
お次はNe;onさんによる竹取飛翔。
アタック感のあるスネアサウンドで始まり、
キラキラとした明るくも厚めのシンセサウンドにツインリードギター。
歌メロになるとバッキングにアクセントとなる電子音。
リリックがなんか80年代アイドルソングっぽく聴こえるのは自分だけでしょうか?(笑)
間奏ではベースを僅かにフューチャーしつつ、
掛け声からの短めのギタソロへと展開!!
その後のリリックが「ダーリン」と連呼してくる所は、
聴いててちょっとこしょばゆくなっちゃう(笑)



トラック3明日へのPrologue
続きましては羽丘さんのプレインエイジア。
シンバル数発から始まり、
リードギターが良い味を出しておりますでしょうか。
そして電子音が映えたり、カッティングが映えたりと。
短い間奏ではグリッサンドから流麗なギタリフ。
後半にピアノの旋律・淡いシンセ・歌唱のみの静のパートを繰り出し、
軽やかなドラムフィルインへと引き継ぐ!

トラック4Future World
続く4曲目は男女ツインヴォーカルのクリスタライズシルバー。
電子音全開で、ヴォーカロイド系統でウケが良さそうなサウンドで、
エレクトロ・テクノちっくな感じがする電子音。
Ne;onさん・羽丘さんご両名の歌唱の絡み合いがいい!!
特にサビでの高音・低音のメリハリが付いたツインヴォーカルがグッとくるし、
追随する形をとってるパートもかなり好き!

トラック5Give Birth
次は業火マントルを歌う父さん。
骨太ロックを窺わせるバンドサウンドに、
少々明るめのシンセが入り疾走していく!
サビはキャッチーで、父さんの歌唱も熱い!!
間奏ではチョーキング一発から、
ヒートアップ気味なスネアサウンドを背景に、
緩やかなリフからカオティックな速弾きへ。
クセの無いストレートな疾走チューン!

トラック6A Little Dream
お次は東方萃夢想のアレンジ。
しっとりとしたピアノサウンドで始まり、
羽丘さんの吐息が聴こえてきそうな歌唱がのる。
そこにアクセントとなる装飾音が実にマッチ。
折り返しを過ぎた辺りでは、バンドサウンドが入り、
適度に盛り上げつつ、低音のブラスっぽいものも入る。
終盤のドラムロール、シンバルミュートに、
流麗な一筋のサウンドが迸る辺りはクライマックス!

トラック7闇夜の果てに
しっとりとしたバラードの後は、
Ne;onさんによるフォールオブフォール。
グルーヴィーなバンドサウンドで始まり、
スマッシュな盛り上がりを見せつつ疾走。
メロウなツインリードギター、グリッサンドで歌メロへ。
やや英語の発音が気になる気もしないが、
全体的に爽快な疾走さと爆発力が心地よい!キラー!
間奏では降りかかるピアノサウンドに、
へヴィギター、クラシカル気味なシンセが映える。
そして哀愁を湛えた笛の音色もグッとくるものがありますね~。



トラック8Lonely Rights
続く8曲目は彼岸帰航のアレンジ。
メロウなリードギターなどのバンドサウンドにシンセで始まり、
やはり適度の熱さに爽快さが垣間見れる。
大きな起伏はなく、ミドルテンポで淡々と進み、
ギタソロでは抉り込む速弾きの余韻を残しつつ、
アナログというか、奥まったサウンドに一時なるが、
勿論盛り返していくッ!! アウトロのツインギターのユニゾンも必聴。
結構音作りもツボな感じです(笑)

トラック9Baby Heart
お次は父さんが歌う此岸の塚のアレンジ。
これまでとはやや毛色が違った様相で、
エレクトさのある電子音にバンドサウンドで緩やかに進行し、
ミュート気味なカッティング、重低音ベース、
シンバルサウンドに色気さが漂う父さんのヴォーカル。
特にサビでのクリアさのある歌唱と、
高音が入り混じる辺りは非常に大人の色気が(笑)

トラック10Positive Life
次のアレンジは夜空のユーフォロマンスに平安のエイリアン。
イントロから壮大さや勇壮さが窺える電子音に、
キック音を含むバンドサウンドにシンフォニックサウンド。
歌メロになると軽快なカッティングでやや拍子抜けしつつ、
サビではもっとシンフォニーになるのかと思いきや、
意外にもキャッチーさのあるポップステイストに(笑)
間奏ではモロに平安のエイリアンの怪しいサウンドを鳴らす!

トラック11Antique days
ラストトラックは全員で歌うさくらさくら。
Krasterと言えば全員で歌い上げる楽曲ですね~。
卒業シーズン間近に聴くと涙腺崩壊物。
終始優しげ且つ儚いシンセサウンドで進み、
2分辺りではささやかなバンドサウンドも融合。
勿論ギタソロではそういった世界観を踏襲し、
哀愁サウンド振りまくりの叙情リフが炸裂ッ!!!
パートごとに歌い分けてるのもいいし、
追随する歌唱も心に染み、静聴させられる。


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
Krasterのアルバムの中でも随一!!
ネタ曲とかはないものの、
かなり本気さが窺える楽曲で、
疾走ロックチューンは勿論のこと、
バラードソングも珠玉と言えましょう。
3人のヴォーカル勢も適材適所な感じで、
違和感無く聴き進められましたでしょうかね~。
またヘビロテしてしまう一枚が増えちまったぜ・・・!(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる