―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女病-残響レギオン

シンフォニックロック、少女病の新譜。
少女病 残響レギオン

前作告解エピグラム、Seiren -彼方に謡う哀憐の姫-の、
2枚同時リリース以来の新譜で、メジャー1stアルバムになってます!
10月から1回延期しちゃいましたが、ようやくアルバムが聴ける事に。
個人的には12月は好きなアーティストのアルバムが多く輩出されるんですが、
特に少女病の新譜は彩音さんと並んで待ってましたのアルバム!!
今作も豪華な声優陣が揃っており、
ゆかな、沢城みゆき、杉田智和、伊藤かな恵さんらと、
相変わらず旬な人気声優をラインナップした布陣で、声優好きにも何気に嬉しい。
本作はアナザージャケットが各種用意されており、
自分好みのジャケットで買うのもいいかも知れませんね~。
個人的にはメロンブックスでのジャケが好みでしたが、普通の初回限定のやつを購入。
絵師さん代わってやや久しいですが、ホント少女病の路線とマッチした幻想的な絵で惚れ惚れ。
危うくジャケットだけで満足してしまうぐらいに(笑)
そして今月下旬には1stライブも行うようですが、
神奈川公演のみということで、「また関東だけか!」と言いたい(苦笑)
しかしこのスケジュールで恒例の冬コミでのシングル頒布はあるのだろうか・・・?


トラック1深紅のエヴェイユ
悲壮的なシンセと語りから始まり、
メジャーシーンから導入されたクワイアが入り、
そこからドラマティックに盛り上がり疾走を開始!!
歌メロになるとミュート気味の高速ギターのカッティングや、
いつも通り色濃いベースラインや、
ストリングス攻勢などはお馴染みと言えましょう。
名ドラマーのそうる透さんの生ドラムの質感も流石!!!
サビでは看板ヴォーカルMitsuki、Licoさんご両名の
ツインヴォーカルのハモリもいつ聴いても良い!
そこらへんは少女病らしいスピーディーな美旋律ロックで、
相変わらず自分にドストライクでたまらないです(笑)
語り&哄笑からの歌唱・クワイアから更なる盛り上がりをみせ、
ちょいメロディアス気味なギターサウンドを背景にセリフ。

トラック2十三月の不確定なドール
一気に曲調を変えてきており、
ブラス系をフューチャーしたムーディーさがある世界観に、
ささやかなドラムサウンド、ピアノサウンドが融合。
スウィングさやメリハリのあるブラスサウンドが終始印象的で、
Mitsukiさんのコーラスや歌唱も映えますな~。
終盤では音作りの良いギターサウンドが入り、
ラスト数十秒はピアノとセリフのみで終わる。

トラック3偽物の夜に誓え反逆者
クリアなピアノサウンド、シンセストリングスで始まり、
ささやかに打ち鳴らされるシンバルにベースライン。
そこからセリフが入り、緊張感溢れる劇的なバックサウンドが展開。
適度に疾走しつつ壮大さもあり、少し儚くも美しいメロディー。
サビではMitsukiさんの歌唱力で引っ張ってる感じも。
後半のラストに向けての盛り上がり方が良く、
途中にあるドラムフィルインが特に個人的に好きかも。
最後は伊藤かな恵さんのツンっぽいセリフに、
如何にも悪そうな哄笑を響かせて終わる。

トラック4未完幻想トロイメライ
オルゴールちっくな質感を持ったサウンドで始まり、
ピアノ・ストリングス・ドラムなどが入り、
コーラス・語りなどを経て歌メロに移行。
その歌メロでは静かめなピアノの旋律に、
エッジの利いたストリングスを舞わせる。
サビ辺りでややドラムがアグレッシブ気味になるも、
途中まではそこまで大きな起伏こそないものの、
思わず静聴させる物がありますなぁ~。
しかし終盤は一気に壮大に進んでいき、
アコギテイストのサウンドや劇的なシンセ、
手数が多くなるドラムサウンド+クラッシュシンバルなどで盛り上げ。
ラスト1分近くは改めてオルゴールっぽいサウンドを流しながら、
シンセストリングスで語りを盛り立てる。

トラック5黒衣の放浪者
トラック1以来となるツインヴォーカルの楽曲。
イントロから少女病ではあまり聴きなれない
ギターの音作りでへヴィさを有している。
そこから切れ味鋭く荒ぶるストリングスの陣風に語りを経て歌メロに。
そしてピアノ・ストリングス・バンドサウンドによる疾走を開始!
サビや間奏でのストリングスが何気なく哀愁振りまいてる(笑)
ギタソロ×セリフから、ギター&ストリングスのユニゾンは熱い!!

トラック6recollection
ピアノサウンドで始まり、
セリフ・コーラスと続き歌メロへ。
全体的にトーンの低いピアノの旋律が印象的で、
ゆかなさんの語りが入るとピアノのリズムが乱れ、
ギター、ドラムも参加しバンドサウンドを形成。
サビではエフェクトがかったギターの泣きのサウンドが堪能出来るが、
ちょっと聴き取り辛いかも知れないでしょうか・・・。

トラック7Legion
こちらはLicoさんによる唯一のソロ曲。
甲高いスネアサウンド数発で始まり、
バンドサウンド・ストリングス・語りで進行。
ミドルテンポで力強い歌唱で進みつつ、
終盤はテンポアップし疾走していく。
結構ギタープレイが耳に付き、
特に語りとの組み合わせはグッときます。

トラック8終幕症候群
怪しさや暗さを含んだピアノサウンドで始まり、
シンバル数発・クワイア・語り・グリッサンドと展開し、
その語りではクライマックスが近いことが窺い知れる!
勿論疾走チューンになっており、緊迫感も高まる!!
サビでの駆け抜ける壮大さは少女病的な様式美でありつつ、
クワイアの導入の仕方も見事な盛り上げ。
一時ブレイクダウンしつつも、
再度ラストに向けて疾走し、二重歌唱が映える!!

トラック9真実の解放
ツインヴォーカル形成としての楽曲はこれでラスト!
重厚なストリングスの奔流から始まり、
語りと共に疾走を開始していく。
捲くし立てるストリングス攻勢に、
マッチしたドラムフィルインの合いの手は見事!!
サビ後にはチャーチオルガンテイストのサウンドに、
クワイアなどで荘厳さを滲ませつつセリフが同居。
伊藤さんの絶叫がありつつ、ツインヴォーカルが入る
シーンが個人的に好きかも。 しかし魔女は鬼畜だ(笑)

トラック10残響
物悲しいピアノサウンドにシンセストリングス、
そしてそれらに輪をかけるセリフの内容。
Mitsukiさんの歌唱もシリアスさが引き立った表現に。
いやもう、これ歌詞カード見ながら聴き進めたら泣くでしょ。
''残響''というワードがこうも心に残らせるとは・・・。
勿論歌唱表現やリリックもさることながら、
バックサウンドの展開などが実に心抉る。





総評→★★★★★★★★★★10/10点。
ちなみにボーナストラックは、
ピアノサウンドとセリフ・コーラス入りの楽曲になってます。
こちらもなかなかに叙情的な旋律で染み入る。
毎度少女病の楽曲は美旋律なロックチューンにやられながらも、
聴き進めるごとに感傷的になってしまう!
ブックレット片手に目から熱い物が・・・。
各キャラ達の物語の末路は悲しいですなぁ~。
魔女アイリーンが非情すぎるぜ・・・ちくしょう!
メジャーシーンから導入したクワイアも、
最初からお家芸レベルで違和感なく聴いてましたが、
本作でも疾走チューンメインにどんどん出してきましたね(笑)
そのせいで多少似たり寄ったりな曲調が多く、
メロもイマイチ弱いかなと思わさせられる点も。
しかしまぁ、少女病のアルバムを一通り聴き終えた後の
満足感は毎回凄く残りますよね~。今作も良かった!



・関連記事
少女病-空想RPG!
少女病-黎明ローレライ
少女病-慟哭ルクセイン
少女病-蒼白シスフェリア
少女病-Refulgence
少女病-Seiren -彼方に謡う哀憐の姫-
少女病-告解エピグラム
スポンサーサイト
コメント
No title
ずっと買おうかどうか迷っていたらいつの間に発売してたのですね・・・w
周りの評判が良ければ買おうと思っていたので、とても参考になります!
2010/12/10(金) 18:16 | URL | yukki# #-[ 編集]
Re: No title
12月8日に発売しました!!
従来の少女病サウンドが好きなら間違いなく本作も買って損はないかと。
黎明ローレライのアルバムのように疾走チューンでありながら、
覚えやすいメロがない楽曲がないのが残念ですが><
そしてファンタジック系では、もうすぐサンホラの新譜ですねw楽しみ!
2010/12/11(土) 15:19 | URL | omega1349 #-[ 編集]
No title
少女病いいですよねえ。
ライブが今週あるのですが、いけないのです。残念

トラバさせていただきました。
2010/12/21(火) 10:51 | URL | t_dragon_2000 #H1y/tPdc[ 編集]
Re: No title
本作もいかにも少女病っていう感じで良かったですねw
ライブ行けなくなったのですか!それは残念ですなぁ~。
来年またライブしてくれると願うしかないですw
2010/12/21(火) 16:52 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少女病ライブ WorldEnd/FairytalE 20101223

[妖精帝國] ブログ村キーワード 少女病のライブが12/23に開催するというのを最近知りました。 この日は、妖精帝國の新潟公演があるのですが、どちらも行けませんです。 少女病ライブの情報を載せてお...
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。