―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNDEAD CORPORATION-満月の夜に超旋律的重低爆音

同人メロデス、UNDEAD CORPORATIONの新譜。
Undead Corporation-満月の夜に超旋律的重低爆音

前作幻想郷から超鋼鉄重低爆音以来の新譜。
C78に輩出されたアンキモ・イクラ・アンコウの3作同時新作から、
一番早く新たな作品を輩出させしUNDEAD CORPORATION。
本作では勿論アレンジャーのパインツリーさんに、
超絶ギタリストである平野幸村さんに加え、
スクリーム担当のウェストヴィレッジさんに、
女性ヴォーカリスト朱美さんが参加しており、
更にはトラック8では天外冬黄さんも参加しており、
非常に強烈な布陣を敷いてきており、
クロスフェード聴いた時点で昇天しておりましたよ(笑)
どうやら公式を覗くと、朱美さんがメインヴォーカル時は赤アンコウ
幸村さんがヴォーカル時は銀アンコウと、
分かりやすく区別化しての愛称になるとか。


トラック1The Beginning
開幕一発目は約40秒ほどのトラックになっており、
聴き取りがたいセリフっぽい物や、
地の底から怨嗟を上げてるような声が聴き取れる。
ラスト10秒ほどはノイズが強くなり終了。

トラック2Double helix
序盤から如何にもメロデス・メロコア要素を含んだ
重低音ギターリフを炸裂させつつも、
今回も音作りの良い打ち込みドラムサウンドが映え疾走!
ウェストヴィレッジさんの切れ味鋭いスクリーモパートと、
朱美さんのクリーンパートを織り交ぜつつの構成で、
海外のメタルバンドを彷彿とさせられますね~。
お待ちかねのギタソロでは、
ライトハンドっぽい奏法からの速弾きを披露。
個人的にはもっと長い間奏が来ると思ってたので、結構コンパクトな尺に(笑)

トラック3When the silver light brings …
メロディアスな緩やかなギターリフなどで始まり、
スクリーモとクリーンヴォーカルの駆け引きを味わえつつ、
エフェクトを入れた朱美さんの歌唱がサビをフューチャー!
うっすらとしたコーラスの幕に被せるツインヴォーカルがいい!
ギタソロでは派手さこそないものの、
流麗で世界観に合ったパートを弾きこなし、
ラストは連続の長めのシャウトにバスドラで終了。

トラック4Ready to take off
シンバルミュートから始まり、
アップテンポで結構ノリやすい感じに。
サビではクリーンヴォーカルに、
バスドラが踏み鳴らしつつ、クラッシュシンバルを打ち鳴らす。
ギタソロもサビメロを踏襲したかのような、
叙情的さを嗅ぎ取れないでもないリフが緩やかに進行。

トラック5Forgive your insanity
いきなり荘厳なオルガン風味なサウンドで幕を開け、
ややキラキラとしたシンセサウンドが降りかかり、
超絶苛烈なブラストビートが猛襲してくるっ!!!
これはもうキラーチューンの予感がひしひしと(笑)
アタック感のあるバッキングギターやらが心地よかったり、
リズムが取りにくい変則的な動きもあったりと。
ウィスパーボイスが何気に耳がこしょばゆい。
間奏ではナレーションっぽい物が入り、
改めて強烈なブラストビートをぶつけてくる。
ただの単調なブラストではなく、しっかりとシンバル群を叩いたり、
ドラムロールを入れてくる辺りが尚良かったと思わされたり。

トラック6My fading days
奥まったサウンドの演出で始まり、
すぐに元通りになりいつものメロデス調になりつつも、
うっすらとしたシンセを纏わせたり、
ピアノテイストっぽい物でブレイクダウンを挟んだりと。
スクリーモパートをフューチャーさせてる所で、
シンセの存在感がちょっぴり濃くなって妖しさが滲み出る。

トラック7The End
こちらは約2分のインストトラックで、
低音の鍵盤サウンドとクリアの鍵盤サウンドが映え、
一抹の不気味さを感じ取れないでもない(笑)

トラック8月まで届け、我が怨み
原曲は御覧の通り、月まで届け、不死の煙で、
歌唱を担当するは天外冬黄さん!!いよ!待ってましたっ!!(ぉ
アンキモでの不死の煙は、AQUAELIEとのコラボでちょっとあっただけなので、
このトラックには物凄く期待しておりました><
シンバルミュートからドラム速射・ドラムロール、
PHなどが有りつつ歌メロになり、ネオクラ系シンセも登場!
勿論スクリーモヴォイスも飛ばしてきている!
ちょっぴり怪しめのサウンドでの天外さんの歌唱は堂に入ってますな~(笑)
間奏ではシンセと疾走するドラム、バスドラが踏まれ、
ギターの速弾きも入り、なかなかにカオティック。
その後は僅かなピアノサウンドを差し挟みつつ苛烈に終了。

トラック13・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・
トラック9~12までは空トラックになっており、
このトラックで実質上ラストトラックになっている。
メンツには再び朱美さんが舞い戻っており、
洋楽らしさを堪能出来ますでしょうか。
最初のスネアが非常に生音っぽく聴こえますね(笑)
そこからはへヴィでどろどろとしたギターサウンドがあったりと。
反面サビでは儚さな感じが出てたりと、叙情的なサウンド。


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
メロディアスで重厚さのあるギターリフに、
音作りの良いドラムサウンドがやはり秀逸で、
東方アレンジ云々より、オリジナル感覚で聴けますね。
スクリーモ、クリーンを担当された方々も見事に世界観にマッチし、
終始バックサウンド以上に聴き耽ってしまいました(笑)
個人的には本作でよりアンコウの評価が右肩上がりで、
よりグッと来た作品に仕上がってましたでしょうか。



・関連記事
Unlucky Morpheus-So That A Star Shines at Night Sky
Unlucky Morpheus-Amazement Park!!
Unlucky Morpheus-Jealousy
Unlucky Morpheus×AQUAELIE-Unbeatable Accomplice
Unlucky Morpheus-Hypothetical Box ACT 2
Unlucky Morpheus-猫吟鬼嘯
Icarus'cry-不滅桜花
Icarus'cry-ADVANCE TO THE DREAM
Undead Corporation-幻想郷から超鋼鉄重低爆音
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。