―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dimmu Borgir-Abrahadabra

シンフォニックブラックメタルバンド、Dimmu Borgirの新譜。
Dimmu Borgir Abrahadabra

前作In Sorte Diaboli以来となる9th。
その前作ではブラックメタル本国のノルウェーでチャート1位を獲得する快挙を成し遂げ、
今や名実共にブラックメタル界を代表するバンドに。
サポートとは言えあのヘルハマーが参加しただけあり、
The Chosen Legacyの終盤のドラミングとバスドラは驚異的!
一方YOUTUBEではThe Sacrilegious Scornの再正数が約680万と、
ブラックメタルでは尋常じゃない数字を叩き出している!!
ここまで上り詰めると、ユーロニモスの「ブラックはアングラであるべき」
という言葉は何処かに吹っ飛んでますな(笑)
さてさてディムボガーですが、結成当時は毎年のアルバムリリースでしたが、
ここ数作は2,3年に1枚のペースで輩出し、
どれもが大作と成りえたアルバムになっており、
今作も前作から約3年近くの年月を経て輩出されたアルバムになり、
51人編成のオーケストラ、38人のコーラス隊他、
100人以上のミュージシャンが関与
と、物凄い圧倒的な編成になっており、
最早ブラックメタルの枠どころではないと言った感じに(笑)
今年は同じくシンフォニックブラックメタルバンドの、
Cradle Of Filthの新譜も出るので楽しみ。
その前にEP時代から好きなAbigail Williamsの新譜も出ますがねっ!


トラック1Xibir
大作の予感を感じさせるアルバムの一発目は約3分のインスト。
唸り声っぽいものから始まり、男女混声コーラスが入り、
緊迫感をひしひしと与えながらもストリングスや、
大仰なオーケストレーションなどが展開していき、
荘厳なドラマティックさのインパクトを与える。

トラック2Born Treacherous
ディムなどでは聴き慣れたギターリフ・サウンドで始まり、
スネア一発、ベースサウンドが一音聴こえ、
そこからバスドラをパタパタと踏み鳴らしつつ、
壮麗なオーケストレーションが加わり疾走を始める。
途中ドラムロール数度繰り広げつつ、
クラッシュシンバルを放ち、ややパワフル気味なドラミング!
折り返し間際ではテンポダウンし、
何らかの声っぽいのが入り、分厚いコーラスが導き、
ドラマティックなオーケストレーションが鳴り響く!
思わず脳内で指揮者が激しく棒を振るう姿が想像出来ちゃう(笑)
そして改めてブラストビート共に爆走していく。
相変わらずシャグラットの聴きやすいがなりに、
壮大でありながらもキャッチーなメロディーセンス。



トラック3Gateways
こちらはPVが作成された楽曲。
神秘的なコーラスから始まり、
バスドラを踏み鳴らしながら序盤からクライマックス!
歌メロなるとテンポダウンしつつも、
低音域のシャグラットのボイスに、
変則的なドラミングにオーケストレーション。
途中いかにも悪者っぽい女性ヴォーカルが参加し、
メロディアスなギタリフを展開し、
改めて疾走を繰り広げている。
セリフっぽい物の後にはしっかりとサタニックなリフも。
勿論トレモロ攻勢も抑えてきてますね~。
シャグラット→女性ヴォーカル→シャグラット→女性ヴォーカルと、
交互に歌い上げていく展開もいいですよね!



トラック4Chess With The Abyss
ノイジー気味なギターサウンドで始まり、
いつも通りの大仰さを見せつつクワイア。
アグレッシブなドラミング、断続的なバスドラを背景に、
メロディアスな速弾きを展開している。
ミドルテンポに近い速さではあるものの、
演奏隊の密度はなかなかに濃く、
オーケストレーション同様に細部にまで聴き入ってしまい、
ラストの締め方もキレがよくて素晴らしい!

トラック5Dimmu Borgir
結成からはや17年近く・・・。
ここにきてとうとう自分らのバンド名を冠するトラック!!
これはもう聴く前から期待が膨らむばかり。
開幕から男女混声の分厚いコーラスに導かれ、
すぐにバンドサウンドが展開していき、
お馴染みのドラマティック性と勇壮さを感じさせる。
特に地の底から沸き上げてくるコーラスは凄まじい。
ギタソロは緩やかでメロディアス成分がちょいと。
3分辺りからの盛り上がり方とかもう反則レベルですよ(笑)
ホントそんじょそこらのシンフォブラのバンドでは辿り着けない領域。
そして再度ギタソロがあり、エモーショナルな感じもあり唸りがあったり。



トラック6Ritualist
男性ボイスから始まり、アコギテイストのサウンドが入り、
風っぽいSEや雷らしきSEが入り、
一気に激しいバンドサウンドが展開し疾走する。
エッジの効いたストリングスが舞い飛び、
精密的なドラムビートを繰り広げつつ、
オーケストレーション勢も適度に顔を出す。
メロディアスなリフ・PH・に流麗なピアノサウンドはGJ!!
やっぱオーケストレーションもいいけど、
ディムと言えばこのピアノサウンドがいいですね~。
後半はドラムロール後に刻みを与えつつ、
ドラマティック性と緊迫感が増した様相を呈する。

トラック7The Demiurge Molecule
オーケストレーションではなく、
珍しくギターで序盤から盛り上げるサウンドを披露。
勿論バスドラを踏み鳴らしつつ、コーラスを差し挟む形に。
途中金切りっぽい音からビートダウンし、
緩やかなオーケストレーションが顔を出す。
アルバム内でも特に起伏の激しいオーケストレーション。
終盤にはギタソロがあるが、特にこれといってインパクトはなし。

トラック8A Jewel Traced Through Coal
静寂さがある緊迫感が暫く続き、
オーケストレーション&バンドサウンドが展開され、
見事なグルーヴ感を伴ないながら劇的に介入し、
1分辺りでブラック特有のギターサウンドを放ち、
超強烈なブラストビートが飛び出す!!!
後半にはテンポダウンし、クワイアが導入され、
刻みまくるバスドラに盛り上げるドラミング。
跳ね回るが聴こえにくいピアノサウンドに、
ドラマティック極まるオーケストレーション。
一部ドラムマーチっぽい物もあった気も。
ラストは改めてシンバルミュートから爆走で突っ走る!

トラック9Renewal
序盤から壮絶なアグレッシブなドラミングをかましつつ、
メロディアスなツインリードが展開し、
このアルバム随一のメロウさを誇るギターリフ!
でも歌メロになるといつも通りのディム!!
苛烈なドラムビートに壮麗なクワイアにオーケストレーション。
そして多分久々の登場となる、悪役ちっくな女性ヴォーカルも再登場。
ギタソロではハモリこそあるものの、速弾き等はなしに。

トラック10Endings And Continuations
実質的ラストトラックを飾るは
粘着性のあるようなSEに雷のSEが入り、
男性のナレーションが静かに入る。
そして1分を過ぎた頃にはパワフルなドラミングで、
バンドサウンドが展開していき、
緊迫感のあるオーケストレーションが畳み掛ける!
更にはまたえげつない強烈なブラストビートをぶっ放し、
荘厳なクワイアが展開し、シャグラットの嘲笑なども。
折り返し辺りでは多分ですがギタリストのシノレスの美声が響き渡る。
終盤にはアルバムタイトルコールを念じている(笑)



トラック11Gateways (orchestral version)
トラック3のオーケストラルヴァージョンで、
インストになっているので、単純に豪華なバックサウンドを堪能出来る。
歌無しでも圧巻のサウンドになってて、流石ディムボガーと思わせられる。

トラック12Perfect Strangers(Deep Purple cover)
世界的ハードロックバンド、Deep Purpleの名曲をカヴァー。
前作ではVenomのBlack Metalをカヴァーして歓喜でしたが、
今回はちょっと個人的にはこのカバー選曲チョイスは残念(笑)
勿論これはこれでいいとは思うし、
ちゃんとディムボガー色も出てますが、
選曲がディムのイメージからかけ離れちゃう(苦笑)
まぁ、他の一線ブラックメタルバンドも、
アイアンメイデンやらメタリカとか普通にカヴァーしてはいますが・・・。


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
より強力になったバックサウンド。
シンフォニック極まる大仰なオーケストレーションに、
尋常ならざるドラミングを繰り出すドラマー。
完成度が今作も非常に高くなっており、
展開・演出も聴き入るものばかりですが、
Progenies Of The Great Apocalypseや、
The Serpentine Offeringみたいに、
一聴して戦慄が走った曲こそないものの、
どの楽曲も良曲揃いでお腹いっぱいに(笑)
トゥルーブラックメタルからはかけ離れる物の、
ディム独自の強力なサウンド陣で今後も頑張ってほしい!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。