―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

飛蘭-Polaris

女性シンガー、飛蘭さんの新譜。
飛蘭 Polaris

前作Last vision for last以来となる新譜で、
本作が1stフルアルバムになっており、
全16曲・1stライブDVD同梱ということで、
3500円なんか安く感じられる超ボリューム!!
いやぁ~、飛蘭さん好きなんでアルバム待ってましたよっ!
メジャーデビュー前からPCゲームでのタイアップソングが好きで良く聴いてましたからね(笑)
で、メジャーデビューしたmind as Judgmentで、
一躍知名度が上がる物の、それ以降どうも芳しくない売れ行きなのが困る・・・。
今までの楽曲は殆どElements Garden勢が占めており、
今やけいおん!の歴代OPを担当し、
尚且つオリコン1位にまでしたTom-H@ckさんもが参加しており、
ortitudeという、メジャー前から好きで激しいナンバーを担当。
記念すべきアルバムを輩出し、東名阪ツアーを敢行するようで、
大阪ライブは行こうかなと思っております。アルバム買ったから先行チケット買えるし(笑)


トラック1Polaris
一曲目はアルバムタイトルを冠するトラック。
しょっぱなからぶつけてくるバンドサウンド!!
「are you ready?」という掛け声も入り、
いよいよこのアルバムが開幕される雰囲気が。
ハモンドちっくな音色や吹奏楽系の音色も混じり、
歌メロになるとギターの刻みが心地よく、ドラムサウンドがワイルド。
サビ直前では爆ぜる感じで多少盛り上げつつ、
爽やかな疾走感を伴ないエフェクトがかった歌唱も織り交ぜる。
間奏ではツインギターの存在感が色濃くなり、
そこからメロディアスハードなギターリフを展開!!
ラストのサビになる前のパートが、
スキャットを交えながらの歌唱で実にエモーショナル。

トラック2mind as Judgment
メジャー1stシングルにして、CANNANのOP主題歌。
やや奥まったギターサウンドにコーラス付きの歌唱から始まり、
シンバル数発にへヴィギターとドラムの速射に、
カウントダウンボイスが入る演出から疾走を開始!
サイバーな電子音やらドラマティックなストリングス!
まさにエレガ節全開と言ったサウンドの奔流。
流麗極まるピアノサウンドと歌唱のフューチャーに、
改めてカウントダウンボイスが入り、
ストリングス→シンセ→ストリングス→シンセの熱いソロ展開に。
そしてラストではベースサウンドの重低音が映える!
実にかっこいいサウンドになっており、飛蘭さんの歌唱と合う。



トラック3SERIOUS-AGE
叙情的なギターサウンドに何処か民族的なサウンドで始まり、
メロウなリフとシンセで疾走を開始していく。
琴線っぽいサウンドが印象的ですね~。
コーラスを導入し小ザッパリしつつも勇壮。
間奏ではアグレッシブなドラミングから、
壮大なシンセサウンドが幅を利かせつつ、
慟哭のギターサウンドが唸らされる!!
ラストのサビに入る前は若干の静のパートを演出し、
改めてドラムフィルインの盛り上げによって疾走していく。
アウトロも激しくも美旋律な風が吹き荒ぶ!!

トラック4AROUSING SOUL
透明感のあるピアノサウンドで始まり、
バンドサウンドが展開し、ギターが引率していく。
歌メロになると、ちょいブレイクビーツっぽさのサウンドを挟み、
改めてバンドサウンドが展開していき、
ベースラインが濃厚に!!粒はあまり良くないですが(笑)
サビもベースの存在感に外郭を覆うシンセで疾走。
間奏では降り注ぐクリアなピアノサウンドに、
ノイジーちっくな音が場を支配する。

トラック5Distance point
切なげな電子音から始まり、
プログレちっくな音作りのシンセワークが飛び出すが、
歌メロになると静かめなピアノサウンドが流れる。
いつもどおりすぐにバンドサウンドも合流していく。
翳りのあったようなピアノも流麗気味に滑らかに。
間奏ではギターソロによる速弾きを展開しており、
それに対等して存在感を示すピアノ。
終盤では泣きのギターサウンドも顔出してくる!



トラック6泡沫の小鳥達
奥まった電子音がちょいと続き、
バンドサウンドが介入すると元通りに。
バラード系統に属するが、バックサウンドによる
盛り上げもそこそこありつつも、やはり飛蘭さんの歌唱力が際立つ!
特にサビの入る時の歌唱力は凄まじい。
間奏では叙情性があるギタリフから怒涛の速弾きを。

トラック7scat blue
アコギテイストのサウンドに指パッチンらしき音から始まり、
スキャットを交えつつ、歌メロに入る。
やはりバンドサウンドも入り、歌唱・電子音・アコギをメイン。
ドラムやギターが強烈じゃないぶん、
ベースの存在感はより一層映える形になりますでしょうか。

トラック8ありがとう ~to dear you~
ピアノサウンドの旋律に静かなドラムサウンド。
ハープの流麗な美旋律を流しつつ、軽いキック音なども。
勿論途中からバンドサウンドやストリングスも参加していく。
控えめなバックサウンドで、歌唱を前面の押し立てる。
特にこのアルバムの中では一番飛蘭さんの歌唱が堪能出来るかな。
ラストのサビとか控えめながらも充分に盛り上がってていいですね~。

トラック9Dark Side of the Light
このアルバムの中では一番尺が短いトラックで3分弱。
Distance pointに続いての喰霊関連の楽曲。
へヴィ気味なツインギターに打ち込み音。
テンポ良く進み、ギターサウンドが良いなと思わされつつ、
やや怪しめな雰囲気を湛えた歌い方を披露。

トラック10Day of the fate
奥まったメタリックなギターサウンドから始まり、
ミドルテンポでサイバーな電子音も入る。
バンドサウンドの存在感は希薄で、
電子音・ピアノ・打ち込み音などが大きく占める。
歌唱では2重録音かは分かりませんが、
低音歌唱が効いた一面も見せてくれる。

トラック11飛翔の刻
イントロからメタラー魂をくすぶらせるギターサウンド。
ややメタリックなリードギターのリフで始まり、
歌メロになると骨太さがあるバッキング!!
そんな中でもしっかりとピアノサウンドなどを入れてくるのは流石。
勿論電子音などもきっちり挿入しています(笑)
期待のギタソロは唸らせつつ入り、
アリガチな速弾きを展開しつつ、また唸らせてソロを終える。
タイトルに飛翔とあるからかなり期待してましたが、
もうちょっと疾走感や盛り上がり、メタリック成分が欲しかったか。

トラック12fortitude
やって参りましたキラーチューン!!
この曲はかなりヘビロテした一曲ですね~。
作曲者はTom-H@ckさんによる超疾走ナンバー。
イントロから各パートの楽器が慌しく動き、
そこから怒涛の疾走を開始してゆく。
勇壮さを見せPHを放ち歌メロに入り、
淡々としたドラムビートに、
ギターの高速バッキングが凄まじい。
サビになるとバスドラを踏みならしつつ、
壮大さを垣間見せるシンセサウンドでアタック感もそこそこ。
間奏では一時テンポダウンしつつも、
そこからは短いながらもメロウなギタソロを披露し、
ラストのサビに入る直前に一拍間を置く展開に。

トラック13I sing by my soul
メジャー2ndシングルにして、
ややジャケットが不評を買った楽曲。
ピアノ・電子音に歌唱で始まり、
流れるようなギタリフを紡ぎバンドサウンドが展開。
アグレッシブなドラムフィルインやキック音に、
ドラマティック性を与え、盛り上げてゆくバックサウンドの使い方!
間奏ではギターソロによるリフを紡ぎながら、
そのギタソロの後を引き継ぐかのように
軽快に跳ね回るピアノサウンドで、ラスト一筋の流麗な鍵盤サウンド。
終盤はバンドサウンドもヒートアップしつつ、
ラストはやや静寂を取り戻して終了。

トラック14Errand
今でも鮮烈に脳に残るおっぱい搾乳アニメである、
聖痕のクェイサー前期OP主題歌。
今振り返ってみても、中身はアレでしたが、
楽曲はどれもが秀逸でかっこいいのばかりでしたよね。
前面に押し出るシンセサウンドに、なかなかアタック感のあるバンドサウンド!
サビに入る直前などの爆発感もなかなかいいですね。
ギタソロも速めに差し挟んできているが、
軽めに流す程度に抑えられている。
終盤にかけてもギタソロはありますが、
こちらは速くて流麗なプレイでチョーキングなども。
しっかりと聴き取れるベースライン、
アグレッシブで聴き心地の良いスネア・シンバルサウンド。
後半ではプログレ的な要素を含ませており、緊張感が漂う。
歌唱では一部バックコーラスちっくなものも登場し、二重歌唱に。
起伏のある盛り上がりがとてもGJですっ!



トラック15spring ~君とのメロディ~
重厚なピアノサウンドで始まり、
ストリングス・シンセ・バンドサウンドが展開。
歌メロになるとバッキングギターにドラマティックな合いの手シンセに、
改めてピアノサウンドの旋律が奏でられる。
ワウがかったギターサウンドも途中入ってますね~。
間奏では大仰なストリングスを舞わせる。
何気に適度な音圧を放つスネアサウンドが優しげでGJ!

トラック16希望の扉 ~All I can do is sin
ラストトラックを締めくくるはロックバラード!
いつも通りのバンドサウンド・ピアノ・シンセで始まり、
歌メロになるまでのドラムロールを含めたアグレッシブな
ドラミングをみせるも、歌メロになるとピアノと歌唱のみで進み、
すぐにまたバンドサウンドが展開してゆく。
サビの盛り上げは歌唱でグングン引っ張るタイプで、
スキャットを交えたり叙情的なフレーズも。
この手のサウンドなので、重低音ベースラインが鮮明に聴こえますが、
ややゴリゴリとした質感を持ってるタイプできてますね~。
間奏ではエモーショナルな表現を見せる飛蘭さんの声に、
これまたエモいギターサウンドが鳴り響く!!


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
待望の1stアルバムでしたが、
期待通り、どの楽曲も良いのしかない!
やはりエレガ×飛蘭さんコンビの相性はピッタリで、
コストパフォーマンスも優秀と言えるでしょう。
ライブDVD2回も見ちゃいましたよ・・・たまらん!
後、強いて言うなら激しい楽曲と激しくない楽曲の
トラックリストの配列が微妙に偏ってるかも(笑)






・関連記事
飛蘭-mind as judgment
飛蘭-I sing by my soul
飛蘭-Errand
スポンサーサイト
コメント
No title
動画のLIVEの盛り上がり凄いですね!
この紹介記事を見て、Polarisを注文しました
これからもレビュー頑張って下さい!!!
2010/09/17(金) 20:43 | URL | みかん #-[ 編集]
Re: No title
ライブは熱くなってますね~。
こういうの見るとライブに行きたくなる衝動が(笑)
なんとこんなしょうもない記事なんぞで買われるとは!!
買って損はしないので、ヘビロテしちゃってください。
それと彩音さんの拍手コメントもありがとうございました~。
十字架はもう一つパンチ力があれば傑作でしたw
2010/09/18(土) 08:33 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる