―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高見沢俊彦-Fantasia

男性シンガー、高見沢俊彦の新譜。
高見沢俊彦 Fantasia

前作Fantasia以来となる3rd。
THE ALFEEのヴォーカリスト兼ギタリストとして、
長年日本のロック業界に影響を及ぼし続けているであろうたかみーのソロ。
どうやら本作はバリバリのメタルアルバムということで、
数年前にテレビ番組で見てビックリしたメタルチューン月姫などが収録。
参加したメンツはルーク篁、ANCHANG、マーティなどの、
テクニカルで速弾きを得意とするギター陣に、
更になんと日本が世界に誇るB'zの松本孝弘さんという超絶豪華な布陣!
作詞陣はつんく、綾小路翔さんらと、こちらも豪華な顔ぶれに。


トラック1エデンの君
ネオクラシカルな出だしから始まり、
ブラストビートをぶっ飛ばしつつ、
荘厳な電子音でベールを包み、ドラマティック極まりない。
そこからメロディアスなギターが変則的に入り、
やっとのことで歌メロに入り、バッキングが吹き荒ぶ。
サビに入る直前にツインギターによるスクラッチ。
コーラスも入り荘厳さも演出している。
ギタソロでは音作りの良いサウンドで泣きのギターを鳴らせつつ、
そこからテクニカルで慟哭の速弾きが炸裂していくっ!!

トラック2仮面の魔法
荘厳さを纏いながらツインギターのハモリ。
シンバルミュートにサイケデリックな電子音が一筋。
歌メロ前後になるとギターもややへヴィさになる。
サビになると爆発的なバスドラを踏みまくり、
攻撃的な疾走チューンとなるが、もうちょっと重さが欲しかったり。
劇的なシンセ&ギターの介入具亜がナイスな展開。
ギタソロではメロウで速弾きを展開し流麗さが際立ち、
後半ではベースラインがややフューチャーされる。

トラック3Fantasia ~蒼穹の彼方
前面に押し出てくるへヴィギターが鳴り響き、
そこからいかにもメロスピと言ったギター展開に、
勇壮なファンタジックなシンセサウンドがくさい!(笑)
断続的に大きくなるコーラスなども良い演出!
このトラックも爆走チューンで、サビでバスドラ連打。
ギタソロでは上手・下手と速弾きを連携し、
超アグレッシブなドラミングを背後に、
エフェクトがかったギターサウンドが印象的。
その後は存在感あるピアノサウンドと歌唱のみから、
ベース・キック音と加わり、改めて爆走を開始し最後まで突っ走る!!
もうね、伝説の剣エクスかリバーとかくさすぎるよ(苦笑)

トラック4夜桜お七
こちらは演歌歌手であり、津軽海峡冬景色などで有名な、
坂本冬実さんの名曲の一つをカヴァー。
ムーディーさが漂う音作りがされたギターサウンドで、
ミドルテンポかつへヴィなメタリックサウンドで突き進む。
クラッシュシンバル数発に切れ味鋭いグリッサンド後に、
テンポアップし、疾走を始めていく。
サビではエモーショナルな歌唱でさくらさくらと言葉を紡ぐ。
コーラス付きのサビ後には短くも叙情的なソロを挟み、
改めてバスドラを踏み鳴らしながら疾走していき、
アウトロではテクニカルな速弾きをお見舞いするギター陣。



トラック5HEY! JOE!
メタルコア的なギターリフの壁に、
やや怪しげな雰囲気があるような電子音。
ミドルへヴィで勇ましく進んでいく。
ギタソロは緩やか且つ滑らかに紡がれ、
エモーショナルさ全開なソロを披露している。

トラック6月姫
月姫とありますが、型月同人時代の名作では非ず(笑)
バスドラにスクラッチ、シンバルミュート後に、
猛烈な勢いのメロディアスなナンバーで疾走。
壮大さがあるンセのドラマティックさが効いている。
ギタソロでは緩やかなリフを紡ぎつつ、
えぐり込むかのような速弾きに、ライトハンド、
そしてまるでアーミングを使ったかのような咆哮を聴かせてくれる!!
間奏でのギターリフが一番ツボになりますね~。



トラック7Snake & Marguerite
パワフル気味なバンドサウンドに大仰なシンセ。
珍しく疾走無しでミドルテンポで進んでいき、
コーラス・クワイアなどで盛り立てている。
ギタソロ後のチャーチオルガン風味のサウンドに、
歌唱のみがフューチャーされ、シンセでベールを包みつつ、
改めてミドルでズンズンと突き進んでいく。
ギタソロは微妙だったが、アウトロの方がインパクトは強く、
バスドラなどのドラミングとの共演は見事。

トラック8VAMPIRE ~誘惑のBlood~ (Album Mix)
風が凪ぐSEに、コツコツとした足音のSE。
ドラムマーチにハープ、荘厳なコーラスへと導いていく。
そこから華麗にバンドサウンドが展開され、
メロウに疾走していき、サイドギターの刻みが心地いい!
サビは強烈なバッキング猛進し壮大なクワイア。
間奏では何処かで聴いたような熱い展開で、
メロディアスなギターで、ハモリなども見せ、バックにはクワイア。
個人的には最高潮の盛り上がりを見せますかね。
スネアサウンドも結構良い音してますし(笑)



トラック9Blood of Eternal
儚げなピアノサウンドで始まり、
これまた叙情的な旋律を放つギターサウンド。
歌唱パートに入ると、重厚さが増したピアノサウンドに、
キック音がささやかなら入りつつ、バンドサウンドで盛り上げる!
爆発的には盛り上がりませんが、コーラスで粛々と盛り上がる。
この手にはお馴染みのエモーショナルのギタープレイも健在。
ツインギターのユニゾンとかされたら聴き入っちゃうじゃないか!(笑)

トラック10クレオパトラの涙
一拍ぐらい置いてのストップ&ゴーのフックの効いた
バンドサウンドで始まりつつ、ノスタルジーな電子音。
アラビアンなんかの中東っぽさを含んだ世界観で
バスドラを踏み鳴らしながら疾走を開始し、歌メロで落ち着く。
サビでもバスドラが踏まれますが、ドゴドゴといよりパタパタ感が強く、
一部浮いてるところがあるなぁ~って、思ったり(笑)
注目の間奏は異国情緒溢れた電子音になっているのかと思いきや、
かっこよさげなリフに、短いメロウさのあるソロにとどまる。

トラック11One Way Love
ラストトラックを飾るは約7分と長めの尺を誇る。
泣きのギターが緩やかに入りつつも、
相変わらず隙の無いドラミングが映える。
歌メロになるとギターと打ち込み音に、
多少歌唱が反響されていたりしてるでしょうか。
シンセサウンドが壮大さへと導いたり、
英語歌唱による世界観が堂に入ってる感じでいいですね~。
ギタソロになるとアグレッシブなドラミングを背景に、
叙情的にキマりキメてない速弾きを展開し、
更にその後は壮麗なシンセと歌唱のみという
場面をフューチャーされ、神秘的なシーンも。
アウトロはたっぷりの尺を与え、
ギターリフとドラミングなどで余韻を与えて終わらせる。


総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
総じてバックサウンドのクオリティーは高く、
音作りやテクニカルさなどは堪能出来ますが、
もうちょっと捻りも欲しかったり。
コーラス系ばっかりでちょいマンネリ(笑)
強力なメタリックサウンドにも負けない
たかみーの歌唱ですが、やはりクセが強いので、
人を選ぶかも知れませんね~。
でもJPOP界にこういうメタルアルバムを投じてくれる
姿勢は非常に嬉しいものはありますね!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。