―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

AYUTRICA-眩惑の霧(ネーベル)-Dër Nēbel dës Trugida-

シンフォニックゴシック、AYUTRICAの新譜。
AYUTRICA-眩惑の霧- Deer Nehbel dees Trugida -

前作黒曜石の歌 - Das Obsidianenlied -以来となる新譜。

・ABOUT CD

王位継承権を巡る謀略により、白百合の谷へ逃れた クラウスとシーディエンを含む数名の従者。
失意に沈む日々を送るクラウスは、 或る晩一人抜け出すシーディエンに気づく。 決して裏切ることのない存在だと思っていたシーディエンの隠された想いに気づいたクラウスは、全てを奪ってゆく弟・ヴェンツェルへの怒りと憎しみを募らせる。
濃い霧の降りる中、銀髪の男が囁いた。



「---取り戻せ、失ったもの全てを」


クラウスに視点を当てた、サイドストーリー。



AYUTRICAが送り出すゴシックファンタジーSingle第5弾。
2010年冬に頒布予定の3rd Albumの「サイドストーリー」を一足お先にお届けいたします。
当初アルバム後にリリース予定だったサイドストーリですが、アルバムにもう少し時間をかけたいという点、先に公開したほうがより3rdアルバムの内容にも馴染んで頂けるのでは、との点から、順序を入れ替えてのリリースとなりました。


前作のイメージシングル「黒曜石の歌- Das Obsidianenlied -」に引き続き、今回収録される楽曲も完全Single限定曲となっており、どちらの楽曲もこの5th Singleでしか聴くことのできない限定楽曲となっております。


特にタイトル曲は、5章から構成される、13分を超えるボリュームとなっており、ブックレットも6Pと増量。シングルならではの、シングルでしか楽しめない冒険心溢れる楽曲をお楽しみ下さい。




ということで、今回もアルバムには未収録予定の楽曲で、
前作に引き続き、このシングルだけでしか味わえない楽曲に。
しかも今作の一曲目がなんと13分を越える大曲になっており、
同人系ではなかなかお目にかかれない尺。 プログレや陰鬱ブラック系統ならザラにありますが(笑)
なので、そのなが~い尺からストーリー性を堪能出来ればと思い聴き進めることに。


トラック1眩惑の霧
うっすらと神秘的な機械音のベールに、
ギターサウンドが流れ、非常にクリアな歌唱力を誇るヴォーカルが登場。
そして緩やかな流れから、バンドサウンドが展開していき、
やはり光るドラムフィルイン!!ドラムロールがいい!!
更には緊迫感溢れるストリングスにギターによるPH。
そしてそして一気にテンポアップし、疾走を開始する。
アタック感こそないものの、流麗なサウンドを紡いでいる。
2分半辺りではミドルテンポに戻しつつ、へヴィギターが登場。
相変わらず隙の無いシンバルサウンドの使い方が好印象!
4分半辺りではアグレッシブなドラミングを巻き起こし、
一部変則的な様相を呈しつつ、再度疾走にバスドラが踏まれる。
5分40秒辺りからは雰囲気が一気に荘厳になり、
へヴィギターが介入し、アーミングっぽい音を出す。
そこからはバンドサウンドの存在感もパワフルになり、
ナレーションも入ったり、荘厳・壮大・緊迫感・ドラマティック性に
溢れた展開が繰り出されており、息つく暇を与えない。
9分を越えた辺りではまたもやドラミングが活発になり始め、
メロディアスなギターリフを展開しつつ、速弾きも有り。
10分ちょっと頃には存在感ある男のナレーションが不気味だ。
そのナレーション後には改めてギタソロが入り流麗さをアピール。
そこからラストはシンフォニックゴシックロック・メタルサウンド。
締めの劇的なピアノサウンドがインパクトを残し終了する。



トラック2零れ落ちる時の砂
サラサラとした美しいハープサウンドに重厚なピアノサウンド。
シンセストリングスちっくなものに笛のような音色も入る。
バンドサウンドは入らず、終始緩やかに進む。
大きな起伏はないものの、ヴォーカルの力強さでしっかりと魅了させられる。


総評→★★★★★★★★☆☆8/10点。
長丁場でありながら最後まで飽きさせず聴かせたトラック1。
その世界観に最後まで酔いしれることになるでしょう。
多少ギターサウンドがチープさがあるのが勿体無いぐらいで、
その他の点は物凄く良い味・展開・演出しており、
流石はAYUTRICAと言った所でしょうか。
自分だけかも知れませんが、このサークル聴くと、
どうしてもFictionJunctionが聴きたくなる衝動が(笑)



・関連記事
AYUTRICA-黒曜石の歌 - Das Obsidianenlied -
スポンサーサイト
コメント
No title
omega1349さんへ

お疲れ様です。いくつかお願いと質問です。
1.お願い
最新コメント一覧を復活させてほしいです。自分のコメントがどこだったか探せるように。(とはいっても5-10件なので、すぐに埋もれてしまうのですが)

2.同人音楽の情報はどこでしいれているのですか?
参考にされているサイトや雑誌はありますか?
なければ、同人音楽系の総合サイトを自分たちで作ってみてもいいのかなと思っております。
これもひとつのジャパニーズカルチャーですので、まとめれば注目されるかもしれません。ナタリーなどの音楽系サイトも独自の視点で取材してきたわけですし。

ご協力をお願いするかもしれませんのでよろしくお願いいたします。
2010/09/05(日) 11:36 | URL | t_dragon_2000 #H1y/tPdc[ 編集]
No title
おひさしぶりですw

こちらのブログには初米ですねw
AYUTRICAって初めて聴きましたけどなかなかいいですねw
確かに書かれている通りギターの音がチープなんでもっと重さを出せばさらにメタルっぽくなってよくなると思いますね!!!
それ以外は完成度が高く文句はつけられないんですけど曲長すぎですwwwwwwwww
2010/09/05(日) 21:05 | URL | こーの #-[ 編集]
Re: No title
コメント欄ですか!分かりました、すぐに復活させます。
お手数をかけて申し訳なかったです><

情報は同人系のshopや好きなサークルさんの
サイトをチェックぐらいしかしてないです。
一応同人のレビューサイト様を数点知ってる程度です。
超大手でメタルでも幅の広い「悶絶メタル様」や、
「どーじんおんがく紹介所様」「同人音楽.info様」ぐらいでしょうか。
なるほど、それは凄い企画ですね!
アングラと言えども人気の高い同人ですからね。それなりに人気は出るかもですねw
超絶微力ながら何かあれば助力はさせていただきますが、
ただの素人レビュー人なんでwww
2010/09/06(月) 11:18 | URL | omega1349 #-[ 編集]
Re: No title
お久しぶりです!!!!!!!

そうですねwというか、このブログの事覚えてくれてたんですねw
AYUTRICAいいですよ~、メタルって程メタリックはしてませんがw
そうなんですよ!折角演出・展開面は素晴らしいのに、
ライトなギターサウンドがちょっと勿体ない。
しかしそれはそれで味があるとも言えないでしょうかw
確かに13分は長すぎますよねwwww何処のプログレバンドだとwwww
℃78では少女病が11分を超える大曲とか送り込んできてますからね。
案外長い尺ブームでも起こるんじゃないかとwww(ぇ
2010/09/06(月) 11:22 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる