―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kissing the Mirror-Vermillion Hades

同人メタル、Kissing the Mirrorの新譜。
Kissing the Mirror-Vermilion Hades

前作Follow the Tracks of Crimson Hair以来となる新譜。
その前作では彼岸帰航オンリーという珍しいアルバムに。
同じ原曲なのに飽きずに聴けた良いアルバムだったでしょうか。
本作では再びTanaka Arcticaさんが参加しているようで、
既に大体どんな楽曲になっているか想像出来てしまうという・・・(笑)
そして次作ではフルヴォーカル物をやりたいという標榜を掲げており、
これは非常に楽しみな一枚になりそうなことに。 がなりまくったキラキラメロデスに期待!


トラック1Battle Gate
約2分強のインストトラック。全部インストですが(笑)
ややノイジーちっくなギターサウンドに、
荘厳でドラマティック性を与える北欧のシンセで始まる。
そして疾走を開始し、そこからメロディアスなリードギターに、
へヴィなバッキングを聴かせてくれる。
折り返し辺りではツインギターのハモリを展開し、
一曲目ながらもかなり熱い展開になってますな~。
終盤にはアーミングのような音が炸裂ッ!

トラック2The Horrible Guardian
トラック1からの絶妙なつなぎで始まる。
ごりごりとしたベースラインが骨太感を思わせ、
ツインギターの分厚いギターリフで突き進む。
キラキラというよりかは、少々透明感のあるシンセが降り注ぐ。
サビと思しき場所ではメロディアスなツインリードに、
バスドラを踏み鳴らしながらの疾走を展開。
何気に終盤に緩やかなギターの共演してる所が好き。

トラック3Mighty Core
Kissing the Mirrorお得意のChildren of Bodom風味のキラキラシンセで
しょっぱなから大きなインパクトを与えつつ、
へヴィ且つパワフルに疾走していく。
サビでの反復フレーズの繰り返しはやや食傷気味になりながらも、
後半でのメロウなツインリードに耳を奪われる。
PH・グリッサンド後には高速のシンセワークが炸裂し、
その後はギターソロの速弾き、メロウなツインギターのハモリと展開。
実に怒涛の攻めの展開が凄まじい・・・。



トラック4The Eye
ぎらつくシンセサウンドで始まり、暫しその後に疾走。
ややスネアサウンドが耳に付きながらも、
原曲をなぞるシンセサウンドに、ギターの刻み。
勿論サビのおどろおどしさはギタープレイで演出。
シンバルミュートを交えながらが何気にいいですね。
そしてギターソロですが、派手目なソロをこなし、
そのバトンを引き継ぐべきシンセによるソロが展開。

トラック5Strange Sorcery
緩やかなメロウなハモリを聴かせるツインギターに、
苛烈なバッキングが猛威を振るう。
その鬼のような刻みが終始存在感を表しつつも、
淡い感じのあるシンセが中和してる感も。
やはりギタープレイはメロディアスなフレーズになると、
すぐにハモリだす傾向にありますでしょうか。
間奏ではドラムがフューチャーされ、
アグレッシブなドラミングと重たいギターが鳴る。
そしてそこからギターソロが開始され、
お約束で流麗なツインギターのハモリの展開。



トラック6Declare of Exception
シンバル数発からチルボド風味な劇的シンセの使い方で始まる。
いつもどおりのへヴィギターに、淡い電子音がのっかり、
次のパートではメロウなフレーズを聴かせてくれる。
ギタソロではツインギターのハモリから始まり、
グリグリとした速弾きを披露後に改めて緩やかなハモリ。



トラック7T.W.A
壮大さを感じさせる機械音が鳴り響き、
そのまま疾走を開始していく・・・。
原曲のメロを紡ぐ機械音が地味に壮大さを演出し、
ギターは比較的手数は少なめでしょうか。
サビ辺りなんかは特に(笑) 主旋律はシンセ寄り。
終盤にやっと大きく存在感を表し、
メロディアスギターと速弾きをこなす!
ラストが叙情的な雰囲気もありますね~。

トラック8Vermilion Hades
ラストトラックはジャケにもある通りレミリアということで、
亡き王女の為のセプテットで幕を閉じる・・・。
ツインリードから始まり、速射で疾走を開始。
ややチープさが混じるシンセサウンドが原曲をなぞり、
メロディアスなギター陣がリフを紡いでいく。
サビもやっぱりツインギターのハモリですね~。
ギタソロは速弾き且つテクニカルを炸裂しつつも、
緩やかなソロも導入させつつも、これまたやっぱり
ツインリードで締めにかかる!!
ラストはテンポダウンし、神秘的なシンセのベールに、
ギター一本でのサビのメロを紡ぐ演出を披露!


総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
殆どの楽曲が疾走でありノンストップ。
最初から最後までギターリフに酔いしれる。
ハモリの展開が好きなら毎回グッとくることでしょう。
ダークさと冷たさにメロディアスさを合わせられた
スパイラルなメタリックサウンドで良い世界観。



・関連記事
Kissing the Mirror-Follow the Tracks of Crimson Hair
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。