―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

DEARDROPS-STRAIGHT

ロック・パンクバンド、DEARDROPSの新譜。
DEARDROPS STRAIGHT

DEARDROPS STRAIGHTとは?

2007年に発売されたPCゲーム「キラ☆キラ」の「第二文芸部」から2年半の時を経て、ついに登場する新バンド「DEARDROPS」。ロックンロールPCゲームブランド「OVERDRIVE」が開発した恋愛ロックンロールADV「DEARDROPS」から劇中登場バンド『DEARDROPS』が早くもメジャーデビュー!

 物語内で奏でられたDEARDROPSボーカル楽曲に加え、LEO、かなでの楽曲も収録!
 もちろん、全て生バンド録音! 登場する楽器もステージもロックファンにはたまらない緻密さで描かれています。

 どんな曲かとりあえず聴きたい!と言う方は、DEARDROPS MySpaceへ!

http://www.myspace.com/deardrops

―――※公式より抜粋。



ということで、DEARDROPSメジャー1stアルバムが発売!

第二文芸部に引き続き、OVERDRIVEより生まれいでしDEARDROPS。

原作プレイ中に何度楽曲の良さに魅了されたことか・・・。

フルコンプ後もしばしばショートヴァージョンが収められている、

原作のミュージックシーンに赴いて聴き耽けったのは良い思いで(笑)

去年の冬コミに於いて、シングルを先行発売してましたが、

そのCDは結局買えなくて悔しかったなぁ~。(遠い目

そんなこんなで原作がちょっと延期し、それに伴ないアルバムも延期。

6月に原作が発売され、その約一ヵ月後にこの本作が爆誕しました!

いやぁ~、待ちに待った作品で既にかなりヘビロテしちゃいました(笑)

今だから言えるんですが、DEARDROPSの情報が公開されてた当初は、

律穂とかなでのツインヴォーカルでヴァイオリニスト付きだと思ってたんですよw

そしていざ蓋を開けてプレイしてみれば、別々に活動してたとは・・・って感じです(ぁ

と、そんなどうでもいい情報は置いときまして、

本作を彩るのはOP主題歌は勿論のこと、挿入歌に各キャラのEDにレオによるカヴァーなど。

どの曲を聴いても、そのシーンをまざまざと思い返せてしまう。

まぁ、シナリオ自体は律穂以外は微妙だったんですがね!(笑)

DEARDROPS7.jpg


トラック1希望の旋律
先陣を切るのはOP主題歌。
何かしらの音にギターサウンドが入り、
ドラムの速射が打ち込まれ、バンドサウンドが展開。
そのまま歌メロには入りつつ、アタック感のあるドラムに、
存在感あるベースライン。ベースの音作り良すぎ!
ヴァイオリンサウンドはグルーヴ感を生み出す反面、
セパレード感あり、乖離して浮遊感や優雅さがあったり。
間奏では歯切れの良いヴァイオリン→ギター→ハモリをみせてくれる!
どの演奏隊も素晴らしい仕事をしておりますが、
やはりドラムの強烈さは際立ちますね。フィルインの盛り上げもいい!



トラック2No music,No future
DEARDROPS初のオリジナルソングにして、
学園でゲリラライブを行った時に歌った一曲。
ツインギターによるか細めのサウンドから入る。
そこから刻ませつつ、音抜けの良いスネサウンドが高鳴る。
サビでの怒涛の疾走感は気持ちいいっす!!(笑)
DEARDROPSの楽曲の中でも一番駆け抜けていく曲でしょう。
出来ればサビではドラムロールとか取り入れてほしかった(ぇ
間奏パートがちょっと物足りなさを感じちゃいます。
でも律穂のスキャットが聴けるので満足ですが(笑)

トラック3Be loud!-Story Edit-
ギター大好き弥生のエンディングソング。
臨場感と音が軽めのドラムソロから入る。
サビでの律穂の声色が何気に好きかも。
しかしまぁ、劇中であんだけ華麗で流麗なギターの速弾きがあったのに、
どの楽曲にもそういったプレイがないのは残念で仕方ない(笑)
せめて弥生のエンディングでは速弾きぐらいは聴きたかったorz
一応ソロはありますけどメロディアスで、
劇中のと比べると流石にインパクトは薄すぎる。
リリックではやはりアイアムギタープリンセスというのがキーですね

トラック4Anytime, Anywhere -Story Edit-
レオによりピンチヒッターとして召喚され、
約1万人規模でのキャパで披露された新曲。
自分が一番好きな曲ですっ!!!
ギターサウンドが流れ出し、
そこに軽めの唸りを出すギターに、
間断なく振り続けられるスネアサウンド。
そしてベースも入り疾走すると共に、
メロウなギターリフが流れる。
アグレッシブなドラムサウンド・シンバル・ハイハットサウンド。
思わずバスドラ連打も欲しくなっちまう(笑)
ちょびっとなら合いそうだけど。
間奏ではピックスクラッチ後に速弾きが展開!!
疾走チューンで聴きやすく、バックサウンドに負けない歌唱ナンバー。

トラック5On my beat -Story Edit-
テクニカルではあるが、パワフルさに欠けると指摘され、(実際そんな事はないが)
毒舌を撒き散らす破天荒なりむのエンディングソング。
エンディングソングでは一番軽快で明るいかな。
休まず打ち続けられるドラミングで進行。

トラック6My dear stardust -Story Edit-
律穂ルート終盤で疲労された楽曲。
ゴミの不法投棄されてた場所を掃除し、ライブ会場にしたが、
大雨の中での演奏に。 そしてこのライブで律穂と暫く分かれることに・・・。
Anytime, Anywhereのようにギターから始まり、
優雅で伸びのあるヴァイオリンサウンドに続き、
バンドサウンドが展開し疾走してゆく。
サビではNo music,No futureのようにズカズカとテンポアップ!
歯切れよく小刻みに掻き鳴らされるヴァイオリンのビートもいい!
サビラストのドントストップミュージック!はライブシーンで使われたみたいに、
振り絞って歌唱してほしかったかも。 これはこれでいいんですが(笑)
ソロを含め、ヴァイオリンが大きく活躍している!
最後はライブっぽく締めて終わってますね。

トラック7Noisyスイートホーム -Story Edit-
一本筋が通ったパワフルで気迫あるヴォーカリストである、
律穂のエンディングソング。
ギターから入り、すぐにヴァイオリンも参加し、
スネアサウンドで序々に盛り上げてゆく。
Aメロでは比較的静かに進行していき、
サビに向けてスネアサウンドの存在感がでかくなり、
更にヴァイオリンもその比重が大きく鳴らされる。

トラック8magic mirror
自身が難聴に陥りながらも、
主人公が刺されても演奏したかなでの挿入歌。
律穂とは違った声色を披露するかなで。
劇中で律穂が熱を出しかなでがピンチヒッターとして歌った、
No music,No futureは正直微妙でした。
なので、こういうライトなロックポップ調が合う。
かと言って、バンドサウンドがぺらぺらになってないので安心。
電子音も入り、間奏らへんでは手を打ち鳴らすようなSEに、
ツインギターによるメロウなハモリをみせてくれる。

トラック9kaleidoscope
昔から主人公の事を密かに思い続けてきた
キュートな幼馴染であるかなでのエンディングソング。
淡い電子音に「ぎぎ」というSEから始まり、
明るい電子音が存在感を示す。
サビに入る瞬間の盛り上げはいいですね~。
キャッチーさがあって聴きやすい。

トラック10No music,No future -Song by LEO-
ロック界に多大な影響力を持つとされるレオによるカヴァー。
レオの曲をカヴァーじゃなくて、レオがカヴァーするとか(笑)
レオがカヴァーするのもいいけど、sofmap特典のライブ音源に収録されていた、
第二文芸部の曲をカヴァーして貰いたいですね~。
こちらはクリーンギター一本と男性ヴォーカルのみ。
なので、原曲みたいな激しさは殆どなし!
緩やかで表現力のある歌唱でついつい聴きいってしまう。
ホント良い声してます・・・・。 スキャットも良い味。

総評→★★★★★★★★★★10/10点。
第二文芸部・二代目第二文芸部筆頭に、
本作でもアグレッシブでパンキッシュに攻め立てたドラム。
是非今後もどんどんと作品を輩出して頂きたい。
FDに2ndアルバムの流れだったら最高です(笑)
ヴォーカル力は流石にきらりの方が分がありますね。
それとあと1,2トラック追加して、
第二文芸部の曲をカヴァーして欲しかったかも。



・関連記事
DEARDROPS-Self Bootleg Single
DEARDROPS 感想


☆追記
ぶらぶらとサイト巡回してたら、夏コミでインディーズアルバム発売とのこと。
値段はフルプライスだし、収録曲も新曲あるけど本作で収録されてるのもちらほら。
さてさて・・・、予約締め切りは10日までだがどうしたものか(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる