―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galneryus-RESURRECTION

国産メロディックスピードメタルバンド、Galneryusの新譜。
Galneryus RESURRECTION

前作RESURRECTION以来となる6th。
08年に大きな存在感を放ってきたヴォーカリストであるYAMA-Bが脱退し、
更には去年べーシストとして参加してたDELUHILeda(Yu-to)が脱退し、
窮地に立たされたであろうGalneryusでしたが、
新しく擁立したヴォーカリストはなんとあの小野正利さん!
これはもう聴く前から強烈なメタリックサウンドを放つ演奏隊に全く引けを取らない歌唱だろうと、
信じてやまないし、Syuが居れば大丈夫と信じてましたっ!
そして本作のアルバムタイトルであるRESURRECTION=復活と、
額面どおりであることと期待しつつも、新生ガルネリウスが放つ、
6thアルバムを堪能することに・・・・・。それにしてもこのジャケのドラゴンは勇壮だ(笑)


トラック1UNITED BLOOD
2分弱のインストトラック。
終始泣きのギターフレーズで攻めつつ、
そのギターをフューチャーさせるように適度な存在感を放つバンドサウンド。

トラック2BURN MY HEART
しょっぱなからメロウなギターが駆け回りながら疾走。
イントロラストのギターによる眺めのビブラートが終わるか否かの時に、
小野さんの歌唱が開始するが、その存在感たるや見事!!
メタルの中でもパワーメタル成分が多いガルネリの中に於いて、
全く引けをとらない小野さんのパワフルな歌唱との相性はバッチリです!
寧ろガルネリのようなバンドの為にあると言ってもいいかも(笑)
途中からピアノサウンドが厳かに入ってきつつ、
ハイトーンと共に軽めと言ったメロディアスなギタソロを展開。
シンセサウンドも耳につくようになり、またもやピアノの調べも。
改めてギタソロが入り、バスドラを踏み鳴らしたりして盛り上げつつ、
そこからシンセソロがまた良い音を出しつつ、バッキングで後方支援。
そして再度ギタソロが展開され、Syuの見魅せばとなるテクニカルさを湛えたソロに。
しかしまぁ、やっぱソロパートの尺は長いですな!これでこそガルネリ!
終盤はシンセの攻めを変えてきており、壮大さを演出し、
シンガロングが渦巻き超熱い展開になり、アウトロに移行して終わる。
うむ、この一曲で既に燃え尽きた!(笑)



トラック3CARRY ON
トラック名で、某メロスピバンドを彷彿(笑)
やや長めのハイトーンヴォイスで疾走!!
間奏では神秘的なシンセサウンドを漂わせ、
そこからテクニカルな速弾きが炸裂し、そのソロの終盤では、
メロウ極まりないミドル~ファストテンポで弾きこなす!
ソロ以外ではテクニカルさやメロディアスさより刻みに徹底してますでしょうか。
アウトロではシンセがまた顔を出し、相変わらず良い音だなと(笑)

トラック4DESTINATIONS
緩やかなメロウなリフで幕を閉じ、唸らせた後にへヴィギターに。
そのままミドルへヴィでかっこよいリフ。
エフェクトがかったヴォイスなんかも出てきたりしますね~。
ソロでは厳粛さが垣間見れるシンセサウンドをバックに、
ミドルテンポで同じフレーズを繰り返しつつ、
キーサウンドも参加した後に、ワウがかった緩やかなギターリフに、
手数の多いフィンガーワークで攻めかかる。
更にまたギタソロが展開され、改めてワウがかった流麗で泣きのフレーズを。
そしてそれを引き継ぐシンセワークの流れがまたいいですな!
ギター→シンセ→ギター→シンセの順でいいんですが、ハモらせてほしかった(笑)

トラック5STILL LOVING YOU
ライブのドラムソロでよくあるようなアグレッシブなドラミングから始まり、
明るい機会音が印象的で、途中スクウィールハーモニクスのような物を差し挟む。
間奏でのプログレちっくなリズムから、軽快なソロを演出し、
更にギタソロが入り、そこからツインギターと畳み掛けてくる!!
サビではバスドラを終始踏み鳴らす。 総合的には機会音のインパクト大!

トラック6EMOTIONS
折り返し地点の6曲目は、6分ちょっとのインストに。
緩やかでエモい。まさにその一言に尽きるギターから、
シンセの独特で面白いメロディーが耳に付く。
そこからはもう強力な演奏隊による独壇場と化し、
非常に聴き応えがあり、濃密な時間を堪能出来ちゃいます!
2分辺りからメタリックなリフから怒涛のソロパートへ移行。
カオスな展開あり、叙情的に聴かせる展開ありと、
目まぐるしく情勢が変わる中で「おお!」と唸りっぱなしになります(笑)
いやホントシンセから放たれるサウンドが良すぎるっ!
ラストのギターの唸り数発がまたナイスな展開で締める。
ドラムもそこそこ見せ場ありますが、ちょっとベースの存在感が弱いか・・・。

トラック7SAVE YOU!
淡くも軽やかなシンセ音にやや冷たいピアノサウンドから、
シンバルを打ち鳴らす音から一気にバンドサウンドが展開し疾走!
そこからシンセとギターの織り成すメロディーのイントロから歌メロへ。
勢いのあるバッキングがかなり心地よい疾走感をもたらす。
間奏ではネオクラ系統の電信音がギラつかせ、
お約束どおりそこからギタソロにバトンタッチし、
メロディアスな速弾きをこなし、更にシンセソロが現れ、
最早ラスボス戦と言いたいぐらいのシンセワーク(笑)
ラストのサビではピアノと歌唱のみと静を演出し、
再度疾走して終わらせるが、サビのメロが他のとこよりちょっと弱い気も。



トラック8A FAR-OFF DISTANCE
凄まじい楽曲だった前曲からは一転して、
クリーンな粒のギターサウンドにピアノが流され、
すぐにバンドサウンドが展開され盛り上がるし、
かなりキャッチーなバラードソングに仕上がってますでしょうか。
なんかJROCKバラードで売れそうな曲と言っても過言でもないような(笑)
演奏隊の緩やかながらも大きな盛り上げに、
歌唱でもぐんぐんと引っ張る小野さんの美声のハーモニー!
ギタソロでの尺はそこまで長くはないものの、
とんでもなく泣きを放っており、聴く物に衝撃を与えます(笑)
終盤の合唱も熱く、メロパワだけじゃないと見せ付けた一曲!

トラック9FALL IN THE DARK
しょっぱなからメロスピ系統の速弾きギターから、
ドラマティックなシンセで疾走しつつ、へヴィギターが登場。
歌メロではテンポダウンしアタック感が落ちる。
ハイトーン後には改めて疾走するが、バックサウンドのメロは普通。
そしてそこから怒涛にして変則的な動きを見せつつ、
シンセソロ→メロウなギタソロ・速弾き。
なんというリズム感・・・複雑すぎる!!
そしてラストもまた超変則的に攻め上げる。

トラック10DESTINY
このアルバムでは一番長い約7分40秒。
しずか~なストリングスサウンドが暫し場を支配し、
40秒辺りでバンドサウンドがバーンと入り、そのまま疾走。
サビとかださかっこよすぎて思わず拳を突き上げたくなりますな~(笑)
若干の勇壮さがたまりませんし、高速バッキングがやべぇ。
長い間奏は高速プログレでえげつない演奏力を見せ付ける。
変則的なギターワークにドラミングから、
ギター&ベースの両ライトハンドによる演出は熱い!
終盤はサビにシンガロングが発生し盛り上げ、
シンセサウンドもそれに呼応して厳粛に守り立て、
アウトロではメロウなリフ締めると。



トラック11THE ROAD GOES ON
ラストトラックは約2分のインストトラック。
哀愁さを終始撒き散らす緩やかなギターサウンド。
そこからやや幻想的な電子音が顔を覗かせる。


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
いやこれはもう間違いなく今年の中でも傑作!
まごうことなき復活を見せ付けてくれた1枚であり、
今後の活動にも期待が高まるばかりというもの。
疾走ナンバーはどれも息を呑む展開ばかり、
物凄く熱くなれるものばかりで国産メタルの力を改めて見せ付けた!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。