―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

Ash Blind-はやぶさ

同人サークル、Ash Blindの新譜。
ash blind

前作霊火神焔 ~Eastern Alternation~以来となる新譜。
ジャケットを見てお分かりの通り、初音ミクの姿が。
本作はニコ動で再生数10万を越える楽曲で、
アルバムタイトルにもなってる小惑星探査機はやぶさを中心としたアルバムに。


はやぶさとは?

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日金13時29分25秒に宇宙科学研究所 (ISAS) が打ち上げた小惑星探査機(正式名称:工学実験探査機)である。はやぶさはイオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達してその表面を詳しく観測し、サンプル採集を試みた後、2010年6月13日の地球帰還を目指して飛び続けている。
イトカワ探査の終了後、JAXAでははやぶさ2をミッションとして立案しており、応援を呼びかけている。

                      
                                ―――※Wikiより抜粋


機体データ



名称(打上げ前) はやぶさ(MUSES-C)
国際標識番号 2003-019A
開発の目的と役割 1.工学技術実証(将来の本格的なサンプルリターン探査に必須で鍵となる技術を実証)
2.サンプルリターン技術の確立
3.4つの重要技術の実証(イオンエンジンを主推進機関として用い、惑星間を航行すること/光学情報を用いた自律的な航法と誘導で、接近・着陸すること/微小重力下の天体表面の標本を採取すること)
さらに詳しく

打上げ 日時 2003年5月9日 13時29分
場所 鹿児島宇宙空間観測所(内之浦)
打上げ
ロケット M-Vロケット5号機

構造 質量 約510kg
形状 約1m×約1.6m×約2m
太陽電池パドルの端から端まで5.7m

はやぶさ

軌道 種類 太陽周回軌道
主要ミッション機器 1.レーザ高度計、近赤外線分光器、蛍光X線スペクトロメータ、広角カメラ(2台)、望遠カメラ等
2.小惑星接近用の目標としてのターゲットマーカ
3.小惑星サンプル回収用のサンプラーホーンおよび再突入カプセル
4.小型ローバ「ミネルバ」
5.キセノンを用いたマイクロ波イオン電気推進装置(主エンジン)
6.約88万人の名前を刻んだアルミプレートを備える(ターゲットマーカ上)

運用 2004年5月19日15時22分(日本時間)、東太平洋上空高度3700kmにて地球に再接近、イオンエンジンを運用して加速しながらのパワースイングバイを実施した。その際、航法・理学観測用の搭載カメラ3台(望遠1、広角2)および近赤外線分光器により、月や地球を撮影、装置の較正と性能評価試験を実施した。2005年9月に地球から約3億km離れた位置で小惑星イトカワとランデブー、同11月イトカワに着陸。2007年4月、地球帰還に向けた本格巡航を開始した。
観測成果 2005年9月中旬から11月下旬にかけて行った小惑星イトカワの科学観測では、高度20km~3kmの距離から4種類の観測機器を用いて、イトカワの形状、地形、表面高度分布、反射率(スペクトル)、鉱物組成、重力、主要元素組成などを観測した。その結果は、小惑星の形成過程を考える上で、まったく新しい知見をもたらした。もっとも普通に存在する小型小惑星の詳細な姿を明らかにしたことは、今後の全ての小惑星探査における重要な指標となるものである。
これらの科学観測成果は、日本の惑星探査では初めて米科学誌「サイエンス」から特集号として発表された。


                              ―――※公式より抜粋




とまぁ、小難しい文字の羅列に知恵熱が暴走しそう(笑)

はやぶさの日本帰還確実を祝しての曲ですね~。

個人的には月周回衛星かぐやが印象に残ってるかな。

だって「かぐや」で検索したら、今まで一番上に表示されたアトリエかぐやが、

回衛星かぐやに負けたから何か悔しかったからwww(蹴


さてさて本作はオリジナル・東方メタルカヴァーで有名な、

Sonic Hybrid OrchestraSHOさんも今回も参加!

東方が終わったらと思えば、次はボーカロイドとは・・・妥当な路線・・・なのだろうか(笑)

公式サイトに飛んで、何か春のM3で新作出さないかと期待してクリックしたら、

このはやぶさをアップロードしましたとか書いてあったから、

速攻で動画を開いて聴いてみましたが良かった・・・。

という訳で、Sonic Hybrid Orchestra好きだし、ちゃんとメタリックサウンドだったので、

CDを購入。しかも意外にも捨て曲がなかった良盤でした。

ボーカロイドでは鏡音リン・巡音ルカも登場!

S.H.O.通信Vol.4では鏡音リンVer.でのはやぶさを収録。

それと、Tr.であるはやぶさがモノラルで収録してしまった問題が発生してるので、

公式サイトに行って、修正データ(MP3)を今すぐゲットしよう!!

・Ash Blind 公式サイトへ


トラック1はやぶさ
開始直後から緩やかで壮大なストーリーを生み出すであろうと予感させる
シンフォニーさを放ちながら、管弦楽・ドラミングでじわじわと盛り上げつつ、
1分辺りで強烈なスラッシーさのあるバッキングと、
音作りの良い打ち込み&アタック感のあるドラムサウンドが展開し、
メタリックチューンとなり疾走を開始する!!
イントロ最後のメロウなリフはメロスピ系統を彷彿とさせ、
東方アレンジでもちょいちょいX JAPANのフレーズを引用してたので、
今回も何となくそんなにおいを感じさせる。
特に刻みのパートでは勝手にPATAの姿を思い出してしまう(笑)
先にも挙げたイントロラストでスクラッチ要素な物をだし、
微弱ながらもPHも出してきているのでよりメタリック!
更にはギタソロではちょいと唸らせつつ、メロスパー歓喜のピロピロの速弾きを展開。
これがまたこの楽曲にマッチしてるので違和感がないピロピロ。
ソロ後には一旦アコギテイストのサウンドで静寂さを醸しつつ、
改めて2度目のギタソロに移行。このフレーズがまたX臭いのなんのって(笑)
そしてツインギターのハモリを展開する。

個人的にサビの歌詞が非常に好きなのでピックアップ!

♪~舞い上がれ はやぶさ 翼が折れたとしても 幾重の夢抱えて

  翔け上がれ はやぶさ 嵐がその身薙いでも 大宇宙切り裂いて Fly away~♪

儚さと勇壮さが溢れだすストリングスでグッときますな~。
Fly awayはビブラート効かせたハイトーンだったらもっと良かったかも(笑)
ラストの「ただいま」には涙腺崩壊させられる(´;ω;`)



本家



SHOさん自身による歌唱Ver.




トラック2斜陽
こちらは鏡音リンが歌うトラック。
ギターサウンドが退廃的でスカスカとしたドラムサウンドが
ブラックメタルに合いそうかと思ってたら、シンフォニックさも。
そのリンもクールな感じに歌っており、全体的に暗め。
メランコリックで流麗なピアノサウンド、
サビに入る前のアグレッシブでドラミング及びドラムロールは好き!
ギタソロもやっぱり陰鬱とした速弾きを。
ダウナーに陥ってしまいそうな曲かもですね~。

トラック3かくれおに
こちらは巡音ルカが歌うトラック。
風鈴の音色ちっくな涼やかなサウンドと共に、
爽やかで疾走するハイテンポなロックサウンド。
重低音のしっかりとしたベースライン。
そのベースもコーラスエフェクトっぽいギターサウンドと
一時入れ代わりながら演奏するフレーズいいですね~。
間奏での泣きのギターフレーズもたまらない。
勿論ギタソロも泣きや哀愁さを滲ませたフレーズで、
アコギチックなサウンドが掻き鳴らされ、改めて泣きギターに、
まさかの「きゃー」という叫び声が・・・( ゚д゚ )!!
全体的にそれなりに激しくも美しくも儚さもある疾走ロックかな。
和風っぽさもあると言えばありますし。

トラック4ばいなう
こちらは初音ミクに戻り、SHOさん2曲目。
ディストーションギター風の歪んだギターサウンドで
ごりごりとメタリックさと破壊力がちょっとある感じ。
サビの歌い方が何かの曲に似てるけど・・・思い出せない!(ぁ
こっちのギタソロはピロピロとはしてませんが、
重厚さがなくぺらぺらとした質感を伴うメロディアスなソロで、
やはり最後にはツインのハモリを展開する。
バックサウンドに対比して、ミクの声が聴き取りにくいかな。
もうちょっとワイルドさというか、荒々しさのある声でもいいかと。

トラック5Another World
エフェクトがかった緩やかな歌唱に、琴線・笛の音色で和風サウンドだったので、
これはバラード系統で行くのかと思ってたら疾走しました(笑)
しかもドゴドゴとバスドラを踏み鳴らしつつも、
和風テイストのサウンドも撒き散らしています!!
控えめなネオクラ系&うっすら電子音をも融合させるハイブリッド!
ギタソロでは御馴染みメロスピ展開で長ったらしくはなく終り、
そこからの映えるベースサウンドにバッキングに中東っぽさもある電子音。
そしてテンポダウンしカオティックな速弾きギターにバスドラ。
微弱なPHもポツポツと繰り出し、心地よいバッキングに、
何よりもやはりバスドラで疾走してるのが印象的でしょうかね~。
はやぶさに次ぐ個人的キラーチューン!!
Kagrra,にメロスピ要素加えた感じかな。

トラック6スケルツォ
ラストトラックはロックポップバラードで爽やかに締める。
臨場感のあるドラムサウンドで始まり、うっすらとしたシンセサウンドに、
流麗だったり跳ね回ったりするピアノサウンド。
ちょっとギターサウンドが微妙な気もしたりしなかったり。
間奏のギタソロは今までの流れからしたらノリが違う暴れ方では(笑)
アグレッシブなドラミング及びフィルインに、
この手の定番としてのコーラスもささやかながらいいですね~。



総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
はやぶさ目当てに買ったら、意外にも全曲良かった!
ボーカロイド云々は置いといても、バックサウンドは
メタラーにもある程度満足出来る仕上がりではないでしょうか。


・関連記事
Sonic Hybrid Orchestra-TOHO TEMPEST Ⅳ
Sonic Hybrid Orchestra-TOHO TEMPEST Ⅴ
スポンサーサイト
コメント
No title

はさぶさってなんだしとかおもって聞いてたら
泣いてました…

ミクとかもそうだけど心がないのに
あるように感じられてしまうのは
なんなんですかね・・・・

とにかくすげーいい曲だと思いました!w
2010/05/15(土) 11:44 | URL | 頻尿ゲリ天使 #-[ 編集]
Re: No title
自分も最初はやぶさ?って思いましたけど、
いつの間にか感動してしまいましたよw

PV・ニコ動のコメント、そしてミクの声。
これらが合わさった時の涙腺崩壊力は半端ないですw
確かに心や感情などが伝わってきますよね。

ですね!M3輩出作品単曲では一番ヘビロテしてます!!
2010/05/16(日) 09:12 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる