―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

Asriel-汝を照らす朧のアリア

シンフォニック・ゴシックロック、Asrielの新譜。
asriel 汝を照らす朧のアリア

前作Devils Lullaby以来となる新譜。
その同人枠初のシングルDevils Lullabyでは、異形のCDが祟ったのか、
ちょっとした不具合が起きた様で、サポートなど大変だったとか。
自分は幸いディスクドライブにぶっこんで「キュイーーーーーン」
という、ハッシュノイズのような騒音を撒き散らしただけでした(笑)
そんなこんなでメジャーシーンに於いても活躍するAsrielですが、
同人枠では本作は記念すべき二桁10枚目になるオリジナルアルバムに!!
8thQuo Vadisでは、ギター・ベースが生音になり、
9th永遠に捧げし凍てつく眠りでは、
ドラムも生音になりバンド編成を遂げ、
7thまでの打ち込みから、一気に重厚なバンドサウンドが聴けるようになったAsriel。
来月には1年ぶり東京ワンマンを行うが、また東京オンリーということで悔しい><
そろそろ東名阪で動員出来る知名度ぐらいにはなったんじゃないのかな~。
1stワンマンは6月6日6時(PM)666という趣向できましたが、
今回は数字的な配慮は特に無さそうですね~、ちくしょうライブ行きたいよ~(泣
んでもって、そのライブ前にインディーズベストAntiQueを発表し、
インディーズ音源主体のライブになるらしいので、古参歓喜なセトリになりそう(笑)
ちなみにそのインディーズベストの収録曲はというと・・・

・AntiQue

asriel AntiQue


・螺旋回廊

・ラピスラズリの幻想曲

・ゲルゲの舞踏

・赫い涙の旋律は流れ

・Eclipse~月食の遊戯~

・Moon Light Tears

・Judgment(新曲)




という、収録内容で全7曲のミニアルバム的なクセして
フルプライスに近いお値段設定になっている!!
くそ!それでも発売日に買ってしまう自分が想像出来ちまう!(ぁ
試聴してみたけど、やはり生音の良さとアレンジ・ミックスが良かった・・・。
個人的に一番好きな6thをリレコーディングしてくれ!(蹴




トラック1幻想のラプソディア
緩やかで優しげなオーケストレーションが暫らく空間を包みながら、
一気にバンドサウンドが展開し、泣きのギターを炸裂していく!
そしてそのままテンポアップし、静かに打ち鳴らされるシンバルと歌唱、
Bメロでは従来通り存在感あるベースラインに、
うっすらとしたベールを纏うシンセサウンドで盛り上がりつつ、
サビでギターもミドルヘヴィなリフを鳴らしながら、
華やかな美旋律を彩りながらそれなりに疾走しているが、
強力な演奏隊及びオケにも全く引けを取らないKOKOMI嬢の歌唱も凄い。
ギタソロは叙情的で緩やかで大きな展開はないかな。
終盤に向けてのドラム速射のフレーズは何気にいい!!

トラック2veladonna
一風変わった機械音とストリングスで始まり、
メタリックなメロウのギターリフが展開する。
ドラムも適度なアタック感が出てきており、激しく疾走してますね~。
アルペジオちっくな音やらPHみたいなものも。
ブリッジミュートからのギターソロもやはりメロディアスで、
ヘヴィさはなく、聴きやすさ重視のギタリフに。
2回目のギタソロでは僅か10秒ちょいと短いですが、
良い感じにビブラートがかかってるので、これまたいいですね。
微かに聴こえるウィスパーボイスやら、
早口で捲くり立てる歌唱なども聴き所でしょうか。

トラック3魔笛の慟哭
タイトルトラックからしてキラーチューンに成り得そうなトラック!!
冷たく沈んだピアノサウンドが垂れ流され、
臨場感のあるドラムサウンド及びビートで疾走!
ミュートシンバル&カッティングで歌メロに入り、
妖しげな電子音が何とも言えないですな~(笑)
2分半弱辺りの伴奏でかっこいいバンドサウンドが展開され、
ピアノサウンドにぎらつく電子音から、
エフェクトがかったギタソロが怒涛の高速バッキングと共に始まる。
そのソロでのバックのドラミングが単調だったのは残念かも。
雰囲気的には6thの悪夢奏でる涙の旋律に収録されてそうな感じですね。
ダーク&疾走&攻撃的ですし。

トラック4ファム・ファタール
軽快な笛の音色から始まり、
オシャレなギターサウンドにリフが展開。
楽曲自体が今までの叙情的な物やダークなトラックの印象から逸脱した感じで、
ライトに聴ける作風でしょうか。キャッチーとまではいかないまでも。
何気にベースのリズムがムーディーで、ギタソロもそういう様相が(笑)
リリックもバックサウンドに合ったノリで良い感じ。
もうちょっと歌い方の硬さがとれてたら良かったかも(ぇ

トラック5朧月夜
雪月花と楓を彷彿とさせる琴線の音色を用いた和風テイスト。
小気味良く手数を多く使ってのシンバルを打ち鳴らす。
そしていつも通りであるAsriel的展開のドラマティックなオケ。
途中笛の音色も聴けるようになり、より和風に拍車をかける。
サビと終盤はテンポアップし、激しさが増してますが、
この曲までも疾走するパートあると、どの曲も類似するから
ミドルテンポで一貫して、アルバム全体に緩急を付けてほしかった。

トラック6Secret Promise
弦奏サウンドと高いキーのKOKOMI嬢の歌唱で始まり、
すぐにバンドサウンドに機械音が躍り出る。
珍しくサビでは疾走せず、そのままのスピードで押し通す。
淡い機械音、ベースライン、ハイハット主体で派手さは控えめ。
ギタソロでは叙情的なフレーズを披露しており、
速さよりメロウさに徹し、泣きのギターに近いでしょうか。
ラストは倒錯的な電子音で印象に残る。

トラック7Largamente
一弦一弦がクリアなギターサウンドに、
ピアノ・ドラムサウンドと歌唱で静かに始まる。
緊迫感のある伴奏からテンポアップし、ややメタリックに。
このアルバムで、歌メロ時のギタリフがイマイチ存在感が薄かったですが、
ここに来てようやく主張してるようにも聴こえますね~。
そしてこの曲最大の山場はギターソロ!!
今まであまり聴いたことのないフレーズで、
初めて聴いた時は思わずその世界観にのめりこんでしまった!!
アトモスフェリック・メランコリック的な要素もあり、
なかかに刺激的なソロでした!味わい深し!!(笑)
並行して一部ピアノサウンドが鳴らされてるのもまたいい。
やはりAsrielのラストトラックはどれも強力だっ!!



・2ちゃんねるでの様子

651 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:2010/05/08(土) 17:02:38 ID:???0
全く被ってないと思っているのは俺だけか?
むしろ曲のリズム変えたり音作りも変えてたりと被らないように頑張ってる気がするが
ただ単におまいらが疾走系の耐性がないからなのでは?

とAsが一番好きな俺が言うのもなんだが


652 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:2010/05/08(土) 17:24:30 ID:???Q
俺もかぶってると感じたことないな。
使ってる楽器も変えてるし。疾走系とひとくくりにするのもなんか違うし。
ガルネクと一緒かっていうと同じ疾走系でも違うってのと同じで。


653 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:2010/05/08(土) 17:48:37 ID:???0
自分も多少補正がかかっているとは思うけど
そんなに似てるとか被ってるとかは思わないかな
それぞれの曲に見せ場があるというかそんな感じがする


660 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:2010/05/08(土) 20:44:29 ID:???0
656の言わんとしていることは何となくわかる気がする
信者補正された耳で聞くと何でも特別に聞こえるもんだからさ
冷静になって0の状態で聞くと確かに同じに聞こえるわな
Asも昔さんざんそういう事言われてたし


661 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:2010/05/08(土) 20:49:52 ID:???0
1週聞いただけだとどれも同じような曲に聞こえるけど
2~3週聞けば曲の区別がつくんじゃね


662 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:2010/05/08(土) 21:12:23 ID:???0
メロディーとかはすごく好きだけど
楽器とかコーラスとか
もうちょい別の音が欲しいなと思うことはある


                         ―――※何となく抜粋(笑)







総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
前作同様bpmが速いものばかり。
ファストチューン好きなので嬉しいんですがね(笑)
1周目で曲の輪郭を掴み、2周目ぐらいでやっと
「これがこの曲で、これがあの曲」
と判別出来る様になったかな。
そんな中でも新鮮味のある曲だったり、
ラストトラックのギタソロは良かったですね~。
でも前作の方が個人的に好きかも。(ぁ



・関連記事
Asriel-Sequentia
Asriel-Unveil
Asriel-Devils lullaby
Asriel-Quo Vadis
Asriel-永遠に捧げし凍てつく眠り
スポンサーサイト
コメント
No title
ライブに行ってくる予定です。
レポートを書きますね。

トラバさせてください。
2010/05/14(金) 19:50 | URL | t_dragon_2000 #H1y/tPdc[ 編集]
Re: No title
僕の分まで楽しんできてください><
レポート待ってますよ~!
2010/05/16(日) 09:09 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

M3 レビュー

詳細は追って更新するとして、まずは概要 20100506 初稿 M3はまったく興味がなかったのですが、Asrielが出品するということで急遽参戦 大森から...
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる