―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

5150-四季楽典

同人シンフォニックメタル、5150の新譜。
5150 四季楽典

シンフォニック東方シリーズで御馴染みの5150の新譜。
東方は勿論、アイマスなどもカヴァーしてきた本作はオリジナルアルバムに!
Rhapsody風シンフォニックスピードメタル、
Cradle Of Filth風シンフォニックブラックメタル
が、今作も炸裂するのかと期待しながら聴き進めていく事に・・・。
熱すぎてバテないように、半裸状態&水分補給をこまめの体制で(笑)
それと何と次作は天外冬黄(アンキモ)、紫(ミドルアイランド)
さんなどが参加するようです!!但しメタルではないらしい(´・ω・`)
夏コミでシンフォニック東方Ⅲと同時発売するようなのですが、
シンフォニック東方の進捗具合がどうも芳しくなく、
同時発売が厳しいかもだそうです。うう~む、夏コミが早くも楽しみになってきた!


トラック1Pege 0
1分半弱のインストトラック。
やはり予想通り大仰さの極みでじわじわと進行。
壮大なオーケストレーションが美麗な旋律を紡ぐが、
あまり華美ではなく、厳粛さを湛えたものになってますでしょうか。

トラック2World of Destiny
こちらはゲストヴォーカルとして参加された方が歌ってます。
かなりドスが効いており、攻撃的な感じが見受けられますね~。
イントロから勇壮さがアリアリとしたメタリックチューンですが、
今までは中途半端な存在感だったギターがやや存在感が出てきたかな。
劇的なシンセやらバックのオーケストレーションにも引けをとりません!
そしてサビでは一気に盛り上がり、これぞ龍5150さんの作曲センスだと魅せ付ける!
やはりこういう盛り上がり方はたまりません。テンションが上がる上がる↑↑(笑)
大合唱メタルと称してる通り、思わず歌い上げてしまいたくなるほどに。
ギタソロでは圧の良いドラミングが後方で盛り上げつつも、
王道なメロディアスなギタリフを紡いでいますでしょうか。
他にはいつもの要所要所で打ち付ける音がアクセントですな!

トラック3Remember Calm
こちらは龍5150さんが歌ってるトラックですね~。
珍しく英語歌詞ではなく、日本語歌詞になってるのですが、
思いのほか日本語での歌唱の方がキマッテルるのでは!?と思わされます。
歌い方も熱いというよりかは、何処か寂しさ的な物も含んでるかも。
いきなりクワイアから始まり、劇的なバックサウンドが飛び交う。
疾走は勿論のこと、シンフォニーさにネオクラシカル系のシンセの走律。
途中高速の刻みのギターサウンドがヘッドフォンでは心地いい!!
サビでは壮大さに儚さを伴ったパートになっており、
日本語が効果で、余計にサビが良く聴こえる。
ド派手なオーケストレーションの間奏→ギタソロの流れもGJ!

トラック4For Liberty
再びトラック2の方が歌い上げているトラック。
悪役ちっくな歌声と、バックの壮麗なオケとの相対がなかなか(笑)
メロディアスなリフ、高速バッキング、ブリッジミュート。
そしてお約束の疾走&大仰な展開が待ち構えている!
ギタソロも特有のリフもありつつ、ファンタジック感もありつつと。
ナレーションに緊迫感を与えるストリングスなど。

トラック5Little Garden
一番最初のドラムサウンドが乾いてる感じでいいですね~。
やはりこれも疾走ナンバーかと思いきや、
テンポダウンし、ミドルテンポなメロウなリフを紡ぎ、
そこからドラマティックな伴奏もあり、
バンドサウンドにアコギテイストのサウンドも加わり様相が一転するも、
何だかんだでサビと思しき場所ではしっかりと疾走してくれてる辺り嬉しい(笑)
オケも他の楽曲よりかは控えめなのも(ホンノちょっとだけど)よく、
一風変わったテイストに仕上がり、ストリングス・ピアノなども加わり、
上品で疾走してるけど、それなりの派手さや熱さもちゃんと有りますかね。
そしてこちらも終盤にナレーションが入っており、
バックでギターが盛り立てつつも聴かせるリフに。

トラック6Soul of Brave -1000 years ago-
これは某動画で上がってたので、先に聴けてた曲。
得意とするシンフォニックブラックメタル枠のトラックなのですが、
曲を聴けばCOFさが減退し、暴虐性などのブルータル分が増したサウンドに。
Anorexia Nervosaさの荒々しさにも、COF風の雰囲気も醸してます。
ヴォイスの方では、低音ブラック・プリミティブヴォイスに、
ブルータルデス・グラインドコア・ノイズメタル系統の声を超絶ブラスト共に発してます。
僅かのセリフと共にミドルヘヴィのギターにシンフォニックブラックの世界観を構築する機械音。
そこから爆走して凶悪なサウンドながらも美しさがある感じに。
サビではクリーン後にプリミティブヴォイスを飛ばしてくるなど、
ここらへんの表現もまた一段とグッとくるものがありますね~。
そのサビ後にはミュートシンバルを叩きつつも、
勢いを増したギターソロが炸裂し、ブラストビートも追随する!
これは個人的超キラーチューン!!ちょっと合間のナレーションは中弛みしてしまった(笑)
最初から最後まで狂ったように突っ走って欲しかったかもです。



トラック7Dive to my Heart
改めて龍5150さんが歌い上げるトラック。
この手のサークルにしてはややインパクトやメロが最初弱いかなと思いましたが、
聴き返していくうちに結構クセになるサウンドだった(笑)
前曲があまりにもヘヴィーすぎて、よりサッパリと聴ける。
派手な展開にサウンドもないので、まだ比較的シンプルと言えましょう。
なんで、重低音がきっちりと聴き取れるのも嬉しい。
ギタソロのラストの唸りはなんか中途半端な印象も。

トラック8First Enemy
ラストトラックはトラック2、4の歌唱を担当した方で締める。
しかも驚きなのは8分半にも及ぶ大曲なのだ!
颯爽としたメロスピですが、序盤から哀愁さを秘めたギターリフが!
むむ、やはりラストになると、オーケストレーションも何処と無くそんな感じも。
疾走に次ぐ疾走で聴いてる最中にバテかけましたが、
この完全燃焼っぷりがまたいいものです(`・ω・´)!
おまけに展開も締めくくりに相応しい雰囲気を纏いながらの疾走だし。
そして最後は女性と男性のナレーションで幕を閉じる・・・。
ギタソロではハモリの演出とか欲しかったかな~。
そしたらより厚味を感じる展開&演出になって華があっていいかも。





総評→★★★★★★★★★★10/10点。
東方アレンジじゃなくても、素晴らしい作品!
というか、オリジナルの方が好き・・・かも。
日本語歌詞もいいと思いましたし、
ドラムサウンドとか何気に良くなってる気もしました。
アルバム一枚の世界観も堪能出来、お腹いっぱい!



・関連記事
5150-シンフォニック東方
5150-シンフォニック東方Ⅱ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる