―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六弦アリス-骨董店『Mystique』

同人シンフォニック・ゴシックロック、六弦アリスの新譜。
骨董店 『Mystique』

前作新興宗教 万華教以来となる、9th。
前作では初めてフルアルバムになり、そのボリュームに満足しましたが、
今作も10曲入り、約52分30秒と、かなりのボリュームでしょう。
そして面白い事に、企画があったようなので、公式より抜粋を・・・。


新企画 (推理要素の追加)
今作のテーマは ”雪深い夜にだけ姿を現す” という骨董店を巡る奇妙な出来事を描いたミステリー要素の濃い作品です。
主人公を取り巻く不思議な街の人々の噂や行動、その日の天候や時間帯など。
を頼りに骨董店の謎を紐解いてみて下さい。
物語は意外な結末に向かう事でしょう。


嘘をついているのは誰だ!?
私が体験したとても不思議な出来事をここに記そう。
あれは激しい雨が降り続いた夜の事だ。
長く険しい山岳地帯を越え、疲労が限界を迎える頃にようやく辿り着いたそこは、ルナティック・タウンと呼ばれる風変わりな怠け者の人々が住む小さな街だった。
その街では奇妙な噂が飛び交っていた。

街外れの骨董店を営む老人は300年もの間、何かの為に生き続けているのだという。
勿論、全てを信じたわけではなかったが、元来の好奇心がその謎の老人の元へ足を運ばせたのだ。

その街はとても雪深く、まるで外の世界との交わりを絶とうとしているかの様に、激しい雪が毎日のように降り続いた。

しばらくすると、街の人々からその骨董店に関する様々な話を聞く事ができたが、皆それぞれ話す内容が異なっており、深い雪と併せて私の歩みを鈍らせる日々が続いた。

それからどれだけの時間が過ぎただろう。

あの時、私は骨董店の謎を追う事を諦めかけていた―――。
(或る画家の手記より)


注目したい推理点 [プレゼント企画あり!!]

今作の謎を解明する上で特に注目すべきポイントがいくつかあります。
それら全てを解明しなければ、答えに辿り着く事は出来ません。
具体的な解明ポイントは下記のようになっております。


Q01. 物語の主人公は何者か。
Q02. 街の人々は何故誰も働いていないのか。
Q03. 街の人々は何の為に骨董店の噂を流しているのか。
Q04. 謎の骨董店は本当に存在するのか。
Q05. 主人公が最後に丘の上で見たものは何か。
Q06. 主人公は最終的にどうなったか。


以上が解明できればフルコンプリートです。
なお、全問正解者には先着10名様限定で下記のようなプレゼントを贈呈させて頂きます



         ―――※公式より抜粋 企画は既に終了



ということで、以上のような推理物になっており、
ただ聴き流すだけでなく、歌詞を一言一句熟読し、
歌詞カード全体を穴が開くほど見入らなければ答えが出ないとか。
これ相当難しかったらしいですね。メロ重視派なんで、歌詞はついついおざなりに・・・(ぁ

例大祭にも他サークルにも参加しており、
K2SOUNDに参加した追憶と迷宮は良曲!
あまり東方アレンジ楽曲してないので、なかなかに貴重かと。

↓ちなみにその楽曲はこちら↓




トラック1Mystique Avenue
いきなりファンタジー溢れる機械音が散りばめられており、
壮大なオケが介入し、いつも通りの音作りされたギターサウンド。
勇壮さと緊迫感溢れる楽曲になっており、静と動も多用し、
緩急を付けた壮大なドラマティック性を有していますかね。
やはりバックのサウンドの機械音に耳を奪われがちですが、
ドラミングが非常にアグレッシブでフィルインもナイスな展開かと。
ラストはストリングと歌唱と共に静かな感じで終わる・・・。

トラック2噂の雪
そして見事なまでの繋ぎをみせるトラック2!
いつの間にかトラックが進んでいたことにビックリするほどの繋ぎ方。
前曲の余韻を残した静かなサウンドから、
バンドサウンドの展開するが、ただ展開するだけではなく、
大仰さの展開にため息が出るほどかっこいい展開!
プログレちっく的な展開をみせる、ギター&機械音。
華美な装飾音系統に、逞しいホーンサウンド。
目まぐるしい展開で、なかなか耳がおいつかない(笑)

トラック3Welcome to the Lunatic Town!
やや曲調が変わり、愉快気なサウンドが垂れ流される。
尺自体は2分40秒とそれほど長くなく、
おばあさんやおじいさんや子供のセリフなどが聴け、
より一層世界観に深入りさせられるトラックになっている。

トラック4幸せな嘘は真夜中に
そして大きく曲調が変わり、歌謡曲ちっくなメロに。
ムーディーなギターに、ピアノサウンドが跳ね回る。
そしてすぐに大きく盛り上がったり、流麗なピアノも印象的。
笛っぽいのも参加しており、軽くソロを吹流し要所要所に顔を出す。
勿論そんな中でも壮大さを出してる辺りが流石六弦アリス(笑)
思わず体を揺らしながら聴いてしまいそうになる楽曲!

トラック5宝石と楽園
変わった刻みに、奥まったアンナ嬢のエフェクトボイス。
そして爆発感と共に、コーラスが聴ける。
刻みにメロウなリフに、うっすらとした神秘的なシンセ。
途中一気に民謡的なサウンドが猛威を振るい、転調。
そしてディストーションギターが鳴らされ、疾走を開始!
ギタソロも熱く、機械音も淡くも光を放っている!
静かな歌パートからディストーションギターサウンドにPH、
そしてナイスなフィルインを展開し、またアウトロでメロウなソロ。

トラック6蒼の世界
な、なんというヘヴィサウンド・・・。
重低音を轟かせるベースラインに、PHを放つギター。
そんな中でも幻想的な機械音を浮遊させており、
しかもマッチさせているから驚きです。凄いですなー。

トラック7JORKER
タイトルトラックから想像出来ると通り、何となく不穏な感じで始まる。
クラシック調の強いチャーチオルガンが途中介入し、
サイバー系の電子音などもあり、より前面に押し出るヴォーカル。
途中コンパクトで流麗なギタソロも入り、良い演出。
3分を越えた辺りの劇的なパートは素晴らしい・・・。

トラック8画家と骨董店
アコギが爪弾かれ、ピアノやらドラムも鳴らされる。
相変わらずドラムのフィルインが激しい。
シンセ系のサウンドが、何処となくRPGっぽい(笑)
やや入り組んだ展開を見せたり、アップテンポしたりで忙しい。
メタラーなんで、最初から最後まで突っ走って欲しいと思ったり(ぁ

トラック9或る少女の肖像
華美さが減退しつつ、緩やかなバラードソングに。
バラードなので、もうちょっとベースの粒が鮮明だと嬉しいかも。
そして効果的に盛り上げる機械音。サビでは特に。
聴かせる内容となっており、終始静かに耳を傾ける。
アンナ嬢の歌唱と壮麗なバックサウンドにはついつい時間を忘れる(ぉ

トラック10『Mystique』
ラストトラックは8分を越える大曲!!
こちらも静かで緩やかに始まっており、
シンセと歌唱から、すぐさまバンドサウンドが展開!!
クワイアも混じり、ネオクラ系のシンセサウンド。
そして変則的な動きをみせつつも、静かなパートに突入。
またすぐに激しくなるが、やはりドラミングがいいですなぁ~。
スネア&シンバルの打ち方がたまらないです。
それから静と動のパートを繰り返し、
ラストは余韻を残す静かなサウンドで終わる。
こうなかなか筆舌にし難い展開っす。
一回聴いてその壮大さに直に触れないとですね(笑)


総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
疾走キラーチューンこそないものの、
一曲一曲素晴らしい粒になっている楽曲群。
色々な楽器の音色を導入しつつも、
見事なまでに収束させ、グルーヴ感を仕立てる!



六弦アリス-骨董店『Mystique』特設ページ
http://www.rokugen.net/special/c77.html

PVもあるので、聴いてない人見てない人は是非!!


・関連ページ
六弦アリス-OMEN OF SEVEN
六弦アリス-新興宗教 万華教
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。