―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barrage Am Ring-Barrage Am Ring0

同人コンピレーションメタルアルバム、BARRAGE AM RING ZERO。
Barrage Am Ring0

メタルコンピレーションアルバムということですので、
同人界で名を馳せるビッグネームが名を連ねたアルバムに。
早速どういったサークル参加したのかを見てみますと・・・

・ノーザン・キラーfeatアルベルトオブジョイトイ

・CROW'SCLAW

・Foreground Eclipse

・Kissing the Mirror

・5150

・Unlucky Morpheus

・TUMENECO

・The J.B.'s

・PXP

・Thousand Leaves

・黒夜葬

・BLANKFIELD

・Pizuya's Cell x MyonMyon


※サークル名表記は、収録リスト順になります※



こうパッと見て、ちょっと知らないサークルもあるなと痛感。
名前だけ知ってるサークル、良く聴いてるサークルと色々と。

そしてこのアルバムは紅魔郷アレンジになっており、
ジャケットがデスメタル・グラインドコア寄りに(笑)
この狂気を発するジャケ・・・好きですっ!(ぉ


トラック1Behind Luna
このアルバムの先陣を切るのはノーザン・キラーさん。
某動画で、やたらスウィープをかましてくる動画を何個か見たことあります(笑)
なので、この楽曲もそういうった傾向なのかな~と、予想しながら試聴。
英語のセリフで始まり、エモーショナルな咆哮で開始!!
ハードコア・エモバンドで普通にありそうな切れ味やや鋭いシャウト。
リードギター・サブギター共にバランスの良い音量を放ち、
ヘヴィなバッキングに、メロディアスハードなリード。
期待してたようなスウィープは見当りませんでしたが、
ソロの速弾きで満足。特別派手な展開はないですが。

トラック2Princess Of Bloodsucker
メタルの老舗サークル、CROW'SCLAWが2曲目を引き継ぐ。
前にベストアルバムを輩出しており、オリジナル方面にも期待。
攻撃的なドラミングとヘヴィギターから織り成すメロ。
デスヴォイスとクリーンヴォイスの合わせ技が炸裂ッ!!
それらが融合したサウンドは、叙情的なコアメタルサウンドになり、
USなどでは売れ線に当たる方向性になってるんじゃないでしょうか。
そこから切り込んでくる怒涛のソロ。すぐに緩やかなソロになるのもGJ!



トラック3Calm Eyes Fixed On Me, Screaming
知らないサークルその1。
いきなり奥まった感じから始まり、すぐに前面に出る。
エモより、プリミティブ要素のある喚き散らしとグロウル。
そして驚きなのが、女性ヴォーカルも居ることです!
前曲がデス&クリーンなら、こちらはプリミティブ&女性歌唱。
やはり違った歌唱が同時に進行するパターンはいいですね~。
その女性ヴォイスも、特にバックサウンドに引けはとっておらず、
安心してメタリックサウンドと一緒に聴けます。
ミドルヘヴィに、それなりにドラマティック性も有り。

トラック4Shanghai Eliminater
4曲目にはチルボド的シンセを発することで有名なKissing the Mirror。
意外なことに、ピアノサウンド一本から入る。
静から動へと一気に爆発するのかと思いきや、
叙情的な緩やかなリフを紡いでいますかね。
そして御馴染みの北欧臭がするチルボド的な展開!!
デスボイスといより、がなりに近いものを発しつつ、
メロウなリフ、PH、アーミングと、展開。
ギターソロもやはりアレキシが演奏してるのを彷彿とさせる。
ソロ後にはダウン系のチューニングに、音圧の無いドラムビート。

トラック5Symphony of Deep Red
シンフォニック東方なので御馴染みの5150が担当。
タイトルトラックからしてシンフォニーとあるので、その時点で既にニヤリ。
しかし、大仰なまでのオーケストレーションは影を潜めてますでしょうか。
どちらかというと、終始高速のトレモロリフで突き進んでるような。
アグレッシブなドラミングから始まり、疾走を開始。
煌びやかさがないオーケストレーションもちょこちょこと顔を出し、
サビと思しき所ではバスドラにクワイアと盛り上げるが、
いまひとつ、その盛り上げ感に欠けます。このアルバムの方向性だからからかも。
そんな中でもギタソロは熱いですねっ!特に後半パートのソロ!

トラック6XXI
個人的に本命サークルであるUnlucky Morpheusが6曲目。
今年に入り、メンバー二人が名前を変更!(※気分一新とかで
最初のギターフレーズが、某メタルバンドに似てる(笑)
歌メロになるとやはりギターの手数は減りますかね。
ヘヴィな刻みは心地よく、歌メロ以外でのギタープレイは流石!
そして長~いyukiさんのギターソロが展開されるのだが、
その密度たるや濃いですねぇ~。やや変則的な感じから入り、
久し振りに聴けたキラキラシンセがちょこっと差し挟みつつ、
速弾きへともっていく!!インパクトの大きさは少ない印象もありますが、
テクニカル性に於いては、「おおっ!」ってなるんじゃないでしょうか。
Fukiさんも益々存在感を魅せ付ける歌唱で凄い!シリアスでパワフル!



トラック7Down To The Wire
知らないサークルその2。
アグレッシブなドラミングに、かっこいいリフで入る。
電子音も介入してるのが特徴的ですね。
ドラムソロが躍り出て、歌唱も入る。
前面に出てるヴォーカルはいいんですが、
奥まってる方が迫力不足な感じで残念でしょうか。
サビらへんはキャッチーで聴きやすく、
凄い乗りやすく、ミクスチャーっぽい。
先に挙げた電子音の存在が良い感じに。

トラック8unknown world
知らないサークルその3。
ヒートアップした高速ドラミングに、
結構独特な歌唱をした女性ヴォーカル。
こちらも電子音が顕すが、一部グルーヴ的には合わないところも(ぇ
変拍子もちょこちょことあり、一貫してノリにくいが、
終盤でのバスドラ・電子音・ギタープレイはbpm以上の
疾走感を伴って心地よいですね!!
ミドルテンポになり、ギターソロ直前で電子音がフューチャーされる所が、
速弾きになってたらもっと良かったかも(笑)

トラック9Kill If You Steal The Book?
知らないサークルその4。
なんという重戦車・・・。分厚いバンドサウンドの来襲。
ヘヴィギターによるリフの壁と、
無機質で攻撃的なドラミングが猛威をふるう!
激震レベルまではいかないまでも、この重量感は凄いです!
ドラムセットとか、要塞レベルなんじゃないかと勝手に妄想(笑)
そんな中でギタソロはそこまでの覇はないまでも、速弾きも有り。



トラック10Solitary wizard
同人界、デス系と言えばThousand Leavesですね。
ドラミングと軽めのスクラッチから入り、
あまりスラッシーさとエッジが効いてないギターサウンド。
やはり暗めなダークリフと言ったところでしょうか(ぇ
デスヴォイスの咆哮が炸裂しまくり、
悲痛さや怨嗟などが伝わってきそうだ(笑)
そして圧巻のギターソロワールド!!



トラック11BloodLust ~ メイドと銀と零時の鐘
圧倒的なダークゴシカルな世界観を構築する黒夜葬が担当。
見事なまでに予想通りの入り方はしてくれた!
ダーク成分が溢れ出て、例大祭の新譜に於いて、
より攻撃的なヘヴィサウンドをプッシュしたサウンドの奔流。
そしてやはり強力なバンドサウンドによって、
影が薄くなってしまったシンセサウンドがちょっと残念。
ずんずんと特徴的なギターサウンドのリフが鳴らされ、
ドラマティックな展開もお約束といった所でしょう。
零時の鐘というタイトルから予想できる通り、
振り子のSEなども聞け、より世界観をリアリティーに。

トラック12The Library In The Dusk
名前だけ聞いた事のあるBLANKFIELDが担当。
デスヴォイス・グロウルなどの2重ボイスに、
ちょっと弱弱しい女性ヴォーカルがサウンドに負けてる気も。
アタック感のあるドラミングに、ヘヴィギター。
一筋縄ではいかない曲展開。先が読め無い!(笑)
アルバム内でも一番短いトラック(※約2分50秒)なので、
サックリと聴けるが、もうちょっと他も聴いてみたい。

トラック13Unfailing vigor
このアルバム最後を締めくくるのはPizuya's Cell x MyonMyon。
最後はこのアルバム久し振りのメタルコア系統。
ラストだけに突っ走ってくるのかと思いきや、
演出・展開に凝った形になっており、
これはこれでラストの幕引きに相応しい感じに。
このアルバム内でも聴きなれた、
アグレッシブなドラミングとヘヴィギターから開始。
エモショーナルなヴォイスとクリーンが織り成す歌唱。
途中ドラムソロが大きくフューチャーされ、
その後にノイズ混じりのアナログ的な白黒模様を想起させる場面で、
静かにピアノサウンドが紡がれ、叙情的な歌メロに!!




総評→★★★★★★★★★★10/10点。
厨二病臭い公式や説明に、
シュールな画像を無しにしても良かったです。
コンセプトが充分に伝わってきそうなアルバム。
今回が初ということで、2,3と続いて欲しいな~。
13曲フルアルバム2000円越えですが(笑)
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/20(水) 10:59 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。