―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

SOUND HOLIC-METALLICAL ASTRONOMY

同人サークル、サウンドホリックの新譜。
Metallical Astronomy

サウンドホリックと言えば、まず思い出すのがレーベルの方ですかね(笑)
去年惜しくも倒産しちゃいましたが・・・残念すぎるっ!!
数多くのHR/HMバンドのCDを輩出してきただけに・・・(´;ω;`)

とまぁ、関係の無いことは置いときまして、
同人枠でも超大手であろう、サウンドホリックが、
まさかのメタルアルバムという事で、これは俄然興味が沸いた作品。
サンホリ自体はユーロビート系の疾走感溢れる曲調が好きで、
かなり聴いてましたけど、本作の方向性には驚きと好奇心でいっぱいです(笑)

例大祭関連のライブ動画をピックアップ!




サンホリの中でも代表曲の一つであるNo Life Queen!!
歌い手のNana Takahasiさん可愛いですね(爆


トラック1Metallical Astronomy
約1分半のインストトラック。
静かな中で、緊迫感を漂わせる感じに。
これから開幕するぞー!って感じでしょうかね(笑)

トラック2Satellite XXX
二つの違う音色で始まるギターサウンドから、
ワイルドなスネア連打に、淡い爆発感を伴って疾走。
メタリックなリフが走り、軽めのチョーキングやらスクラッチにPH等々。
テンポダウン時はやや叙情的なリフに明るめな電子音。
そしてまたテンポアップするや否や、
ギターソロが始まり、速弾き・タッピングと繰り出す!
そして流麗で静かなピアノサウンドが場を支配し、
ベースラインがしっかり聴こえ、ムーディーな様相を一時呈する。
何気にうっすらとしたシンセが幻想的で素晴らしいですね!!!



トラック3Scarlet Desire
こちらもメタリックなサウンドを展開する楽曲。
ユリカさんが歌っており、バックサウンドに負けない力強い歌唱を披露。
ちょいと良い感じに効いたビブラートがのっかったギターサウンドに、
いきなり速弾きを魅せつける!!その後も刻みに徹したり、
アクティブにちょいちょいと存在感を見せるギターソロが魅了的。
この曲も疾走しており、良い感じに仕上がったスネアサウンド。
ソロではドラムソロが入り、そこから熱いメロディアスギターのソロ!
そして速弾きからのテンポを落としたハモリも格別です!
ソロ後はまたもやピアノサウンドが入り、
改めて疾走すると共に、爆発感を伴う。
静と動を上手く使った展開ですなぁ~。



トラック4G.M.T.
何となくオシャレなリズムとサウンドから始まり
跳ね回るピアノサウンドが終始印象的でしょうか。
流麗な感じだったり、メロディックに紡いだりなど。
ギターは最初のキーがちょっと耳が痛くなりそう(笑)
ピアノとギターの愉快な競演にして共演を堪能。

トラック5Heart Of Singularity
Nana嬢が降臨!!(蹴
ハードロックなサウンドで、テンポもミドルにスイッチ。
世界観的にはダークで、大きな盛り上がりはないですが、
Nana嬢の歌唱力に暫し聴き入ってしまう(*´Д`)

トラック6G-Zero
タイトル見て、F‐Zeroみたいになるのかと思ってましたが違いました!(笑)
でもスピーディーな爽やかさはそれに多少なりとも似てないとは言えますが。
こうドライブのお供なインストとして・・・(※但し、制限スピードは守りましょうね
ドラムもあまりフィルインを差し挟んだりせず、
かなりシンプルに疾走パートを叩いており、それがより疾走感を掻き立てる。
ラストにはバスドラも踏み鳴らし、ギターソロも弾かれ熱い展開に。
ソロはソロで、ちょくちょく入れてきており、
ハモらせたり、速弾きしたりと王道といえば王道的な感じに。

トラック7A Trip To The Moon
トラック3以来となるユリカさんと、
ちょいと前の新譜でも歌ってた709SEC.さんが参加。
シリアス風に歌唱するユリカさんと、ラップを挟み込む709SEC.さん。
曲自体はミドルテンポなので、駆け抜けるラップじゃないのが残念。
鮮明に聴こえませんが、ワウギターが鳴らされてますね~。
最初ラップあるから、ディスクサウンド系統かと思いましたが。

トラック8Infinity Trip
Yo-Sukeさんという男性の方が歌っており、
疾走するライトなメタリックサウンドには引けをとらず。
いつハイトーンボイス出すんだろうと思ってましたが、
最後まで出さず・・・、なんかハイトーン炸裂しそうな声質っぽいのに(笑)
良い音のギターの刻みに、リードギターによるスウィープ攻勢。
出来ればこれを繋げて、怒涛のスウィープにして欲しかったり。
ギターソロもなかなか唸らせたりで、メロウな速弾き!

トラック9Demystify The Universe
ややダークな雰囲気で、緩やかに進行。
エフェクトがかったギターがフューチャーされており、
終始そのギターサウンド&プレイを堪能。
そんな中でもバンドサウンドも展開しているわけですが、
ギターリフを脇から盛り上げる役に徹し、ちょいとドラムが大仰になるぐらい。
しかし一貫してこのギターサウンドだと最後らへんは飽きちゃう。
チューニングチェンジとかして、メリハリあったら聴き耽ったかも(ぇ

トラック10Break The World Down
メタルのネクロファンタジアだと凄い当初は喜んでいたのだが、
いざ蓋を開けると、あまりメタリックではなくて残念!!
ややドロドロとした感じで始まり、
ハードロック的なサウンドでミドルテンポで進む。
Yoko-Kubotaさんが全編英語で歌っており、
見事にバックサウンドとの融合を果たしている。

トラック11Missing Moon
ラストトラックもミドルテンポ気味な楽曲に。
儚さを誘うシンセに、それに共鳴するかの如く、
非常にナイスな音作りされたギターサウンドが耳に届く。
哀愁に満ちたフレーズ・・・ラストに相応しい(笑)
ビブラートも心に響きます(何
そして最後はピアノが紡がれて終了。
中盤ちょいと盛り上がりも魅せてるので、
飽く事なく聴き進められます。









総評→★★★★★★★★☆☆8/10点。
なかなかのボリュームで満足ですが、
メタラー観点からすると、ややマイルドすぎるか。
メタルをあまり知らないで、サークル買いでこのCDを買う人
にとっては無難な感じがするでしょうが、
パンチ力・アタック感・派手さにかけるので、
メタル大好き野郎には物足りなさもあるかも。
上質な感じは漂っておりますが~。
終盤にもう一発疾走キラーチューンが欲しかったぜぃ!
スポンサーサイト
コメント
No title
レビュー読んで、お気付きでなさそうなのでコメントします。
歌い手のyo-sukeさんですが、アトミックの土屋さんですよー。
また、参加しているギタリストも有名な方ばかりです。一度歌詞カードの最後をご覧になってみてください。
2011/02/23(水) 02:32 | URL | ぐぅ。 #-[ 編集]
Re: No title
これは御指摘有難うございます!
早速奥底にしまったサンホリのCDを引っ張り出して、
クレジットを見てみましたが、非常にビックリしました!!
なんとあのLedaの名前が!間違えてなければあのDELUHIのギタリストですよね・・・。
他の方も著名で、流石は大手のサンホリだなと痛感致しました。
でもやっぱりもっとメタル!って感じにして欲しかったでしょうかw
2011/02/25(金) 18:20 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる