―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩天楼オペラ Emergence from COCOON

ヴィジュアル系シンフォニックメタルバンド、摩天楼オペラのライブに行って来ましたっ!
摩天楼オペラ1

約10日前にギルガメッシュのライブに行ったばかりですが、
今回は特に本命の一つである摩天楼オペラのライブに参加。

摩天楼オペラは1stシングルalkaloid showcaseからベタ惚れしてたバンド!
ヴォーカリストによる高音キーによる存在感に、
シンセシスト彩雨のシンフォニーなシンセワークとヴィジュアルの可愛さに、
メタルでは珍しい1ギターであるAnjiによるテクニカルプレイに魅了。
そこから一時期メンバーの入れ替えなどで活動が止まったりしてたが、
2ndシングルを発売した瑠璃色に描く虹がとんでもなくツボり、
より摩天楼オペラ好きの拍車をかけることに・・・。
そして1stミニアルバムGILIAも聴いて、
この時が個人的には一番好きな時期だったかなぁ~と、思います。
以降のシングルはどうも当初の良さが欠如してるサウンドだったので、
ヘビロテする回数が減少し、取り敢えず新譜は聴くか程度に。
美麗・壮麗なシンフォニック系な路線からどんどん違う方向に。
なかには従来の素晴らしい楽曲も有りましたが、
特に印象に残るメロもなく、パワーメタルばりの演奏隊。
それに並んでシンセワークも壮大さを出しつつも、ぶつけてくるタイプも増えてきたりで。
その最たるものがSexual entrapment、Murder scopeらへん。
同じ激しいのでもEVEとかなら好きですが~。
1stフルアルバムANOMIEも、当時物凄く期待してましたが、
シングルを除くアルバム楽曲群には、やや拍子抜けを食らった覚えが。
取り敢えず何が言いたいのかというと、
シンセソロ→ギターソロ→ハモリの展開の曲をお願いしますっ!(ぉ


―――ライブ前後―――


会場は大阪MUSEということで、
最寄の駅まで行きましたが、その時点で16時45分。
開場が17時なので、これは完全にオワタフラグが立ちました・・・\(^o^)/
会場に着いた時には17時10分近くになっており、
自分の整理番号100番前半台は既に越え、
200番台後半まで呼ばれていた!!!
ギルガメのときも遅れたので、実に学習能力の無さを実感した自分であった(苦笑)

そんな中どこらへんで観賞しようかと頭の中で葛藤が始まる。



「彩雨が可愛いからレフトサイド!」



「いやいや、やっぱメタルだからギタープレイを見たい!」



「でも彩雨の演奏スタイルは(*´Д`)ハァハァもんだ。」



「やはりここはテクニカルギタープレイを見ようじゃないか!」



という、一世一代、苦渋の選択の結果、Anji寄りに陣取る(蹴
周りをキョロキョロと見渡せば、なかなか男性が多くて安心。
中にはまだ幼さが残る男の子も居たのでビックリだ・・・。
チケットもSOLD OUTしており、見事御礼満員状態。
平日にこれなら、次のキャパのステップアップも近いですな!(笑)
垂れ流されてるBGMは特に印象に残るものじゃなかったので、
目を瞑り瞑想状態で開演をワクワクしながら待つことに・・・。

一発目は彼等の存在を知った曲alkaloid showcaseから始まり、
しょっぱなから脳汁が溢れだすスタートになった。



以降も初期の曲ではテンションが上がり、
最近の曲ではやや傍観したりなどと、立ち居振る舞いが忙しなかった(ぇ
やはりライブでも強力なバックサウンドに負けない苑の歌唱。
極一部では高すぎる歌唱に耳がキーンってなった(笑)
バラードも非常に聴かせる楽曲になっており、
眠れる夜などは良かった。
その時アコースティックギターを掻き鳴らす演出もGJ!
べーシストの耀はシャイなのか、あまり前面に出ないながらも、
ベースライン等要所要所で聴こえてました。
ライブ見る前までは、Anjiのギタープレイはストイックな感じだと思ってましたが、
思いのほか観客を意識した演奏でしたね~。首の後ろにギタープレイはシュール
彩雨もその可愛さをいかしたなよなよとした感じで弾いたりと、
実にキュートだったのだが、地声とのギャップに驚いた(笑)
彩雨&苑タッグの仲睦まじさも垣間見れたのは良かった。
「彩雨は可愛い」発言や、肩を抱いてフレンチキッスをするなど、
腐女子が観たら発狂し、妄想を爆発させるであろう展開も良かった(何
そんな中、なんと言ってもドラムの音圧が凄まじかった・・・。
勿論ライブだとドラムの存在感が前面に出るが、
驚異的なバスドラなどで、地面が揺れる揺れる。
こう・・・、五臓六腑に染み渡る激しいバス。(ぇ
全体的にグルーヴ感があまりないような気がしたのが残念。
なんか曲によってはごちゃごちゃになってたのありますし。只の聴き込み不足かも知れませんが。
フリは女性向けが多い印象でしたかね~。モッシュなどは起こらず。
特に新曲披露、Aパートでの手拍子の意味は果たして必要があるのかと疑問に思った(笑)
その新曲表記名は定かではないが、R、アールは、
それなりの激しさを有し、ワウを利かせたバッキングが印象に残りました。
(物販でその限定CD買うの忘れたぉ。アルバムで封入してくれないかな~(´・ω・`)

ようつべであったのでピックアップ!!



タイトルツアーにもなっているCocconでアンコール前の締め。
悠初の作曲という事なのだが、これが実に素晴らしい楽曲!
聴けば聴くほど味が出てくる・・・、そんな切ないメロ。
苑の声質に非常にマッチした珠玉のバラードソング。
アンコールは計2回行われ、2回目の一曲目にサプライズがっ!!
なんとパートチェンジを行い、本日2回目となるalkaloid showcaseを披露。

苑:Vo.→Key.
Anji:Gt.→Dr.
耀:Ba.→Gt.
悠:Dr.→Ba.
彩雨:Key.→Vo.


という形にスイッチし、案外普通に演奏しており、苑のアレンジセンスに脱帽(笑)
ラストはhoney dropで締め、
なかなか体力を使うライブになりました。楽しかったけど、もうちょいKeyの音上げて欲しかった。




初のワンマンDVDの動画からピックアップ!





↓この曲が一番好き!↓



次は、前回摩天楼オペラと2マンを行ったDELUHIのライブだー!
入金済みで、ライブは7月なのでまったりと聴きこんでおこうかな~。

・関連記事
摩天楼オペラ-Acedia
摩天楼オペラ-Anomie
摩天楼オペラ-Eternal Symphony
摩天楼オペラ-Murder scope
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。