―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

Nokturnal Mortum-Voice of Steel

シンフォニックブラックメタルバンド、ノクターナルモルトゥームの新譜。
Nokturnal Mortum- The Voice of Steel

ウクライナ産で西アジアを代表するモルトゥームの4年ぶり5th。
09年の初頭から新作出るとは聞いてましたが、去年にちゃんと出てたんですね・・・。
このバンドの音質の粗悪さと土着的音楽によるシンフォニックさは大好きですっ!
アルバムによってbpmに多少変化はありますが、大抵どれも楽曲性は一貫。
楽曲は短いものから長いものまでバラバラの尺ですが、
今作はどれもが長めのものばかり! 聴いてて飽きないので別にいいんですが(笑)
タイトルがどれもが分かり辛い!!
流石にこのアルファベットの羅列を打ち込むのは難しそうだったので、
海外サイトからトラックリストをコピペさせて頂きました。

トラック1Інтро
約3分間のインストトラックから幕を開ける。
小鳥のような囀りから始まり、
束の間に吹奏楽系のサウンドが存在を主張し、
一気に民族楽曲らしい、ちょい牧歌的な感じになる。

トラック2Голос Сталі
今まではローファイな音質だったのだが、
従来と比べるとかなりクリアな音質になってますね。
前までの粗悪さの方が世界観的には合ってるような気もしますが。
こちらも民族系楽器が鳴らされつつも、バンドサウンドとの融合感もばっちり!
約10分とかなり長めだが、色々と繰り出される展開や楽器に時間を忘れ、
ただひたすらに耳を楽曲に傾注してましたよ~。
ミドルテンポで壮大。シンセはお得意の煌びやか系ではないですね。
しかし4分弱辺りで咆哮と共に疾走を開始し、
更にはブラストビートをぶちまけるっ!!!!!!!!!!!!!
そしてそして唸るギターソロに、速弾きに、荘厳さを出させる機械音!!
これは熱すぎる!!!流石モルトゥーム・・・素晴らしいじゃないか。
疾走後はバスドラに笛系の音色が宙を舞う。



トラック3Валькирия
こちらも約10分の大曲だが、しょっぱなから疾走している!
シンセも個人的に好みなサウンドを放ちつつ、トレモロとブラスト!
勿論このバンドはそれだけでは終わらず、ドラマティックさも爆発!
相変わらずドラムサウンドがちょっと軽いのが残念かも。
でもアグレッシブにズコバコとドラミングしてるのでいいか(笑)
途中変拍子し、ギター・ベースなどの緩やかなサウンドを楽しめる。
神聖であり美しくも雄雄しい・・・、そんな感じでしょうか。
そんでもってラスト3分はまた疾走して終わる。
いやもう、あまりの凄さにため息しか出ない。



トラック4Україна
打楽器と吹奏楽系から始まり、愉快気なヴァイキングちっくなリズムに。
ヴォーカルのがなり、コーラス、かっこよいリフ、バスドラ。
ホント展開の凄味が滲み出てますよ。まさに傑作。
雄大さや壮大さが遺憾無く発揮されてるかと。
ギタソロのメロディアスさなんか、最早メロディックブラックメタルでもない(笑)
この速弾きと併走するバスドラの駆け抜ける心地よさもたまらんっ!

トラック5Моєї Мрії Острови
コールド系のリフに、シンセサウンド。
儚げだけど何処か退廃的に・・・。
約2分まであるイントロ後のがなりも若干悲痛気味に聴こえる。
中盤にややテンポアップするが、すぐにまたミドルテンポにリズムチェンジ。
がなりの遠近感みたいなものも出てて、より深い味わいに。
ラスト付近では呪音めいたボイスがのっかる。

トラック6Шляхом Сонця
短めのドラムソロから始まり、チープに聴こえなくもないシンセサウンドが。
笛系のサウンドとギターの共演もまた一興。
ミドル・ファストとリズムチェンジが結構多いですね~。
フィルインの良さを堪能しつつも、アーミングを駆使したギタソロ。
タッピングに速弾き、スクウィール・アーミングなどキメてきてるでしょうか。
そして笛系の音色が単調ながらも流れるように吹かれる。
速いバスドラに民族系サウンドにまたもや笛の音色が流れるが、
ホントリズムチェンジが入り乱れてるので、聴いてるだけでも大変そうだ。

トラック7Небо Сумних Ночей
アコギが掻き鳴らされつつ、今まで楽曲と比べると優しげな雰囲気を湛えている。
ライトなバンドサウンドに何種類かによる笛のサウンドが融合。
がなりもブラック特有の成分もなく、聴き安めになっている。
緩急や展開の起伏も殆ど無いので、まったりと落ち着いて聴ける曲でもあるかな。
民族楽曲を大いに安らかに堪能。

トラック8Біла Вежа
ラストトラックもまた10分と長丁場だが、
まだ聴き終わりたくないという気持ちもかなり生まれてきている自分(笑)
このアルバムの世界に浸かっていたい・・・そんな気持ちが溢れてきてます。
ベースとドラム、ベール感のある神秘的なシンセサウンドから始まり、
そこから粒の良いクリーンギターが入る。
3分のイントロを経てがなりが入り、ノイジーなギターリフも挿入。
折り返し付近で多少の盛り上がりを魅せ付ける!
クリーンギターに、高速のトレモロリフ!!
終焉を迎えるに相応しい幻想的な楽曲の世界観だっ!


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
個人的にはブラックメタルの神盤にして、
ノクターナルモルトゥームの中でも屈指の良作かな。
Lunar Poetry、Goat Hornsなどと比べても、
全く遜色のない楽曲群に仕上がっている。
また、ミドル・ファスト両方面に於いても散りばめられているので、
過去作よりバランスの良い配分に仕上がっている。
スポンサーサイト
コメント
No title
どこでこのアルバムを手に入れたのですか。神過ぎます。
2010/06/24(木) 00:11 | URL | ツトム #.phAWezk[ 編集]
No title
Україна(ウクライナ)

これが僕の一番のお気に入りです。英訳された歌詞を読みながら聞きましたが、メロディーが美しく、母国(ウクライナ)に対する愛が凄く伝わってきて感動しました。

Nokturnal Mortumはヤバイです!もっと世界で評価されるべきだと思います。
2010/11/04(木) 23:56 | URL | ぴんぷ #-[ 編集]
Re: No title
美旋律さに民族的なサウンドを匂わせつつ、
攻撃的に疾走したりするNokturnal Mortumの音楽性は素晴らしいですよね!
他にも中東圏で良いブラックメタルバンドは多数居ますが、
Nokturnal Mortumを越えるバンドは居ないと思います。
確かにそれなりの評価を受けてきてるバンドだとは思いますが、
もっと評価されて然るべきですね!
2010/11/05(金) 09:47 | URL | omega1349 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる