―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

ヴィドール(Vidoll)-Monad

ヴィジュアル系ロックバンド、ヴィドールの新譜。
ヴィドール monad

Esoteric Romance以来となる、メジャー2ndアルバム。
前作から10ヶ月と、やや出すスピードが速いですな!嬉しい限り。
だが、どうもここ最近のヴィドールに対してファンのウケが良くない。
個人的にはオカルトロマンスばりばりの時代も、
メジャーデビュー前後、そして現在のヴィドールも好きなんですがね(笑)
インパクト・クセ的・ヴィジュアル的には初期が非常に強く、
今は楽曲が洗練されてきており、昔の方が好きというコアなファンには今は厳しいかもですね。
さてさて今作は樹威のブログを拝見するには、
葛藤と憎しみと愛が詰まってるとか。
今作も歌詞に重きをおきつつ聴きました。

トラック1Memories
やや気の抜ける機械音がなんとも(笑)
お得意の切ない歌詞を乗っけてのロックナンバー。
ツインギターの存在感があまり無い分、ラメたんの走るベースラインが鮮明に聴こえる。
ドラミングがかなりアグレッシブで、ギターサウンドが歪んでるように聴こえる。
若干メロが弱いのが残念かな。機械音が中途半端なようも。

トラック2EVE
雪結晶が舞い散るかのような機械音が何とも今の季節に合っている。
英語の挿入の演出も何処か世界観の良さを滲み出している。
美しくも悲しく儚い。そんなバラードソング・・・。
ジュイの声質とバックサウンドとのマッチングはいつ聴いても素晴らしい。
歌詞のフレーズはグッと来るものが特になかったが、
ジュイお得意の歌詞であるのは間違いないでしょう。
それと、リフも何気にかっこいいんですよね。流石と言ったところでしょうか。
サビのバッキングの強調、サビに移行する手前のリフなどなど。
でも一番効いてるのがうっすらとした儚げなシンセサウンドかな。
ラストのギターサウンドをチェンジしてる辺りもいいです。



トラック3IKAROS
イントロから激しいドラミング!!思わず反応してしまう!!
しかし歌はエフェクトかかりまくりで正直がっかりだ。
しかも微かにドスを効かせた(でも全く利いていない)声も聴こえるし・・・。
サビ自体は爽やかで悪くないのだが、サビへの移行しかたが強引なようも。

トラック4焔恋 ~Long amour de la distance~
一気に雰囲気が変わったイントロ。
サイバーちっくなサウンドからタッピングらしきものが。
コーラスやシンセなどで多少の壮大感を魅せる。
ギターソロでは非常に叙情的で個人的にはツボでしたっ!
でもちょっとタイトルトラックで凄い期待してた分、
思ってたより普通だったかな。リフはこのアルバムの中では良い方ですし。

トラック5Darwinism
Djの機械音っぽいサウンドに、ヘヴィなサウンドが融合する。
独特と言えば独特だけど、活かしきれてない気も。
ユニークなのは結構ですが、やっぱメロが・・・。

トラック6リマインドストーリー2 ~初恋~
まさかの初期のリマインドストーリーの続編!!
聴き比べると当然、1の方が荒々しく疾走し、若さをぶつけてきてる感があるが、
2では全体的に大人しくなったと言えるでしょう。まさに今のヴィドール(笑)
正味1が好きな方にとってみればちょっと肩透かし的な感じになるかもですね。

トラック7Hot cage mix
独特な機械音に変なセリフにヘヴィギターサウンドが心地よい。
高速カッティング、ちょこちょこと差し挟むバスドラ。
ダーティーに歌う樹威もまた悪くないかな~。何処となくオシャレ感も。

トラック8Eirene
緩やかなクリーンギターから突如して激しくサウンドに!
アルペジオちっくな音やバスドラも入り乱れる。
ここに来て初めてサビのメロディーが良いなと思った楽曲。
走るちょいキラキラシンセが非常にアクセントになっておりますが、
その分リフにフィルインがつまらないかも。

トラック9Focus
バラード寄り且つ、ライトに疾走。
アコギチックなサウンドがアクセントになってて耽美に仕上がってます。
ギタリフはヴィドールらしくないですかね。
そのおかげで癖も、ヴィドールらしさは抜け落ちてますが。
やはり樹威の歌詞は好きだな。表現や心情の詞がグッときます。

わらって、わらって、君らしく~
  わらって、わらって、明日を願うんだ~♪

そこそこチープな詞だとは思うんですが、ツボになったフレーズ。
なんだろ・・・樹威の歌声と歌詞には魔法の力があるんじゃ(蹴



トラック10Lib[lo]ve
初回限定盤ではこのトラックがラストトラック!!
ギターの音作り、小気味良いカッティング、彩るシンセ。
途中ヒートアップした激烈なドラミングも。(ブラストビートレベルではない)
儚くも激しい旋律・・・、心にクルものがあります(ぉ


総評→★★★★★★★☆☆☆7/10点。
思ってたより微妙な出来だったかなぁ~。
全体的にやはりメロディーラインが弱いっ!
イントロまでは良いの多いですが、歌メロになると微妙なのが多い。
Esoteric Romanceではシングル含め、アルバム曲も癖になる曲が
多かっただけに、今作はどれをとっても微妙かと。
まぁ、ダーク系で退廃的な楽曲多いですしね(笑)


・関連記事
ヴィドール(Vidoll)-Focus
ヴィドール(Vidoll)-EVE
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる