―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

Versailles-JUBILEE

ヴィジュアル系メタルバンド、ヴェルサイユの新譜。
JUBILEE.jpg

メジャー1stアルバムになる今作。通算3枚目。
6月に輩出されたシングルASCENDEAD MASTER以来となる音源。
Versaillesと言えば、活動当初からHIZAKI、KAMIJOなどの中核メンバーの知名度に、
メディアに取り上げられるなどして、幸先の良い出だしに。
また演奏力も素晴らしく、パンギャ・メタラーなどのファンが多く付くことに。
そして6月のメジャーデビューシングルを輩出して1ヵ月少々・・・。
べーシストであったJasmine Youが急逝するという訃報が。
順風満帆な活動だったのに、まさかこのような事になるなんて思いもしませんでしたね・・・。
一時活動を危ぶまれましたが、摩天楼オペラ耀がサポートをするなどして、なんとか活動を再開!!
いやはや実に嬉しい限り。解散という最悪の形にならなくて心から安堵。


トラック1God Palace -Method of Inheritance-
なんと一曲目から10分を越える大曲を送込んできたっ!!
イントロから壮大にして荘厳。よりKAMIJOの作曲センスが向上したと窺える。
NIGHTWISHのWISHMASTERの様な掛け声が印象的だ。
以降は、緩やかで静かに進行していく。
従来どおりのちょい軽めのスネアサウンドに、映えるベースライン。
2分後半からピアノサウンドが存在を主張し、
一気にドラマティック的な展開を魅せる。ここもNIGHTWISHっぽくもある。
男性の英語が挿入してる辺りも、よりそう思わされるかな。
ミドルヘヴィから5分30秒辺りでギタソロの速弾きで変拍子!!
テンポアップし、まさに様式美のメロスピ・ネオクラ系のサウンド言える。
後半はチャーチオルガン風のサウンドも出てきており、
これでもかっ!と言うほどの大曲にして、濃密な曲に仕上がっている。
不思議と中弛みすることなく、展開の良さに傾注していたっ!

トラック2Ascendead Master
6月に輩出されたメジャーデビューシングル。
オリコン8位にランクインした作品。
このシングルでKAMIJOの声が非常に聴きやすくなりましたね~。
それまではかなり生理的に受け付けられない人も居たでしょうが(笑)
何気に自分も全部インストにしろよ!なんて思ってた時期もありましたし(ぁ
この曲はなんといってもTERU&HIZAKIのツインギターの良さでしょう!
HIZAKIの速弾き&タッピング→TERUソロ→そしてツインギターのハモリ!!!!!
当時この一連のフレーズを聴いた時の衝撃は計り知れなかった。
勿論、華美な機械音やドラマティック性も付随しております。



トラック3Rosen Schwert
ヘヴィなリフに攻撃的なドラムサウンド。
そしてキャッチーな歌メロ。重めでありながら、聴きやすい。
シンセ・ピアノ・打ち込み音どれをとっても、比較的穏やかに。
ギタソロの速弾きはありますが、程ほどな感じでコンパクト。

トラック4愛と哀しみのノクターン
出たー!イントロからまさにVersailles的様式美な楽曲!!
適度な存在感を放つシンセ。常時バッキングが心地よく聴こえる。
流麗なサウンドが一通り紡がれた後に速弾き!!
如何にもメロディックスピードメタル的な展開でくさい!!
うっすらとコーラスが聴こえるのも良いです。
ドラムロールも決まっておりますし、ドラミング自体安定してるかと。

トラック5Amorphous
序盤はやや軽快なイメージも。弦楽っぽいサウンドが印象的。
中盤以降は歌詞と共にかなり重くなってますかね。
後半は全体的に盛り上がり、うっすらと聴こえる流れるピアノサウンドがいい!

トラック6Reminiscence
アルバム折り返し間際という事なのか、ここでインストトラック!
ひょっとしてなんかのクラシック曲が題材なんでしょうかね。
2分半と短いながらも、その雄大さに惹かれる。

トラック7Catharsis
ギターサウンド入るまでのイントロがVersaillesらしくない(笑)
KAMIJOが歌いだすと一気に壮大になり、今までの通りの展開に。
1分近いギタソロがフューチャーされ、その展開に眼を見張る。
特にギタソロ自体凄げぇ!!とは感じませんでしたが、
シンフォニックゴシックサウンドとのマッチング具合にやられました!
またしてもコーラスも入りますし。ドラムの速射からのサビもグッド!
アウトロのギタソロの泣きっぷりもいいですね~。

トラック8The Umbrella of Glass
Aメロは非常に静かなものですね。
ピアノと機械音、ドラムサウンドにアルペジオ・ベースサウンド。
サビでバンドサウンドが展開され、起伏のある展開に。
中盤のアコギサウンドとノリがラテンさを感じるっ!
疾走曲ではないですが、全然捨て曲ではないです。
寧ろ味がありすぎてヘビロテしたくなるほどの良曲。
シンセサウンドが儚いんだよちきしょー!(笑

トラック9月下香
Ascendead Masterのカップリングソング。
パワフル且つアグレッシブな怒涛なドラミングが非常に印象的に。
シャウトしてるが、残念ながらドスが全くない(ぁ
でも、たまにはこういう楽曲も必要でしょうかね。
アルバムで通して聴く時はダレさせない一つの要因になりますし。

トラック10PRINCESS -Revival of church-
2ndアルバムであるNOBLEからシングルカットされた楽曲のアレンジVer。
イントロから違い、このアルバムの一つの代名詞になりうるコーラスから始まる。
あまりシングルVer.聴いてないので比較は出来ませんが、
音質はもとより、全体的に色々グレードアップしてるんじゃないでしょうかね。
何にしてもサビの疾走は好きです!歌詞も何気にお気に入り。
煌びやかな機械音にアグレッシブ極まるドラミング、
緻密なリフに、驚異のソロ速弾きに展開の凄まじさ!!

トラック11Serenade
PV付きのバラードソング。
重低音・高音の弦奏から始まる。
最初はピアノサウンドだけに留まっているが、後でバンドサウンドが展開。
そしてまた違ったKAMIJOワールドを魅せてくれる。
豪奢なメロスピチューンだけではなく、この手のようなバラードソングも
非常に聴かせる楽曲となっており、間違いなく今までのVersaillesより進化!
哀愁のあるギターソロは、何処かXのENDLESS RAINのHIDEのソロパートに似てる(笑)



トラック12Sound in Gate
この大作のラストを締めくくるはインスト。
時計の振り子のようなSEから始まり、男性の英語ボイスが終始入る。
ギターサウンドなど一切ないにも関わらず、緊迫感・勇壮さが溢れだす一曲!


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
なんという進化・・・。聴いてて興奮しました。
今年になって発売された新譜ではダントツトップの良さ。
従来のサウンドより輪をかけた演出を魅せてくれるでしょう。
今じゃHIZAKI grace projectとは何だったのやらと言いたくなる(笑)


・関連記事
Versailles-ASCENDEAD MASTER
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる