―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルガメッシュ(Girugamesh)-NOW

ヴィジュアル系ミクスチャーロックバンド、ギルガメッシュの新譜。
girugamesh now

前作MUSICでは、ラップなどを大きく導入して驚かせたギルガメ4th。
やはり個人的には2ndのGIRUGAMESHのダークでメタル色が強い方向性が大好きだっただけに、
ミクスチャーに傾倒してしまったのは残念だ。
今年は3枚連続シングルリリースをしましたが、
どれもがニュースタイルとなった新生ギルガメの楽曲だった・・・。
飛び交うラップに機械音。そしてキャッチーになるサウンド。
これじゃ~、いつメジャーデビューしてもおかしくは無さそうだ(笑)
世界進出も著しく、あのメタルの聖地であるヴァッケンに、
日本バンドとしてDIR EN GREYに次いで出演も果たした彼等。
そして今作はPatchworkshiningなどの強烈な曲があるのか?、と、期待して聴いておりました。


トラック1now(intoro)
約1分半程のインスト。
ノイズ混じりの中に、英語のセリフ。
「now」というセリフから一気に世界観が転向する。
手拍子みたいなSEが、ライブでは盛り上がる一発目になることであろう。
そしてサイケデリック要素の多い機械音が主旋律。

トラック2bit crash
こちらもサイケな機械音に左迅の英語が飛び出す。
やたら音抜けの良いスネアサウンドに、ヘヴィなギター。
軽めのドラムソロがありましたが、もうちょっと堪能してみたかった。
「うお~お~」という掛け声で拳を突き上げたいかな。

トラック3NO MUSIC NO REASON
ライトよりから、ヘヴィ気味にシフトしたスネア。
音圧も耳を心地よく強襲してくれる。
ギターの音作りにサウンドチェンジと、なかなか味わい深い。
完全な新曲の中ではかなり好きな曲!!

トラック4ALIVE
シングル聴いてた人には分かると思うが再録である。
シングルよりかは幾分全体的にクリアな音になってるんじゃないでしょうか。
今思えば結構な疾走曲な部類に入りますな(笑)
しょっぱなから聴きやすいラップを紡ぐ。
リードギターのリフの良さがたまらないっす!
特にラップ時のリフが好きかなぁ~。



トラック5I think I can fly
あいきゃん、ふらーーーーーーーい!!!(蹴
テンポを落とし、これまでの楽曲とはまた違った一面を魅せる。
一部エフェクトかかったフラットギターサウンドが鬱陶しい。耳が痛い(笑)
ディストーションですかね。嫌いではないけども。

トラック6BEAST
手拍子に女性の英語のセリフにバンドサウンドが展開し盛り上がる。
ベースサウンドも途中しっかり聴き取れ、重低音の隙もないです。
PHも出してきており、相変わらずリフが素晴らしい。
もうちょっと複雑に編みこんだリフも聴いてみたい所です。

トラック7nobody
バラードラップソング。
最初の1分ぐらいまでは捨て曲だなと思ってましたが、
サビでなんとか思いなおしました。これギルガメがやらなくてもいいんじゃ?って思ったぐらい。
左迅の美声はバラードでも活きる!!(笑)

トラック8睡蓮
こちらもALIVE同様に再録された模様。
歌メロから如実に演奏隊のサウンドのクリアさが分かります。
何気にこの曲は隠れた良曲だと思ってます!
A面より睡蓮ばっかりヘビロテしてましたし(笑)
まぁ、シャウトとか全くないんですが聴けば聴くほどはまる。
ギターソロとか特に凄いとはいかないまでも、グルーヴ感が凄いんですよね~。

トラック9DIRTY STORY
PVがあり、イントロから久々に破壊力を秘めた楽曲がきたっ!
タイトルにもある通り、ダーティーに歌う左迅。
それなりの疾走感、ヘヴィなツインギター。
打ち込みサウンドに、やや叩きにくそうなスネア。
ラストのアグレッシブなドラミングには歓喜!



トラック10GAME
妖しいピッキングが何とも印象的。
しかしサビは案外普通というかなんというか(笑)
もっと緊迫感ある展開になる繋ぎかと思ってたのだが~。
でも曲展開は目まぐるしいものがありますな。
バスドラも聴けて満足。

トラック11driving time
おおっ!!いきなりこれでもかと言うほどのチョッパーのオンパレード!!
トラック名から期待してるだけあって、クールで爽快な気分になれる。
機械音が若干のユーロビートちっくに聴こえる辺りがツボ。
さまになったラップも颯爽と紡がれており、思わずリズムを取ってしまった(笑)

トラック12arrow
重さと速さと聴きやすさを兼ね揃えたラストトラック!!
ハイハットサウンドがシャンシャンと鳴らされ心地よい。
そこはかとなく切なくなる歌詞とメロディー・・・。
これはキラーチューンであり、ヘビロテ確定!




総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
個人的にはMUSICより今作の方が好きと断言出来る!
Break Downのようにキレの良いシャウトこそないものの、
全体的に良曲が散りばめられているかと。
スーパー限定盤では、初期の名作「獄」と「獄窓」が収録
されているらしいので、そちらもチェックしてみては~。


・関連記事
ギルガメッシュ(Girugamesh)-ALIVE
ギルガメッシュ(Girugamesh)-BORDER
ギルガメッシュ(Girugamesh)-crying rain
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。