―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asriel-XANADU

シンフォニック・ゴシックサークル、Asrielの新譜。
Asriel XANADU -COLLECTORS EDITION-

前作淡き夢見る宵闇ノ骸華以来の新譜で、
QuoVadis、ORATORIUMに続くフルアルバムに!!
過去その2作品を共に強力なサウンドを魅せつけてきたので、
本作でもAsriel屈指のアルバムに仕上がってるのではないかと楽しみに。
そして今回は待望のDVD同梱版が発売され、
貴重な動くKOKOMIが見れるっ!!!
Asriel live DVD

少々値段が高いのはネックではありますがファンならね(笑)
因みに収録されているのは僅か4曲で、
Alice,深き森の囁き、朧月夜,LOVELESS
見ての通り何故このようなラインナップになったのかは分かりませんが、
メタラーからしたら不完全燃焼極まりなく、
ヘドバンしながらAsrielのライブDVD見ようと思った当方としてはやや肩透かしが(苦笑)
まぁ、いつかDVD単体でガッツリとしたライブ映像を堪能したいものであります。
来年の1月中旬には東京ワンマンあるらしいので行かれる方は羨ましい限りっ!!


トラック1Nights of Blood
静かなるピアノで始まり、
うっすらシンセにアコギが融合。
強めに叩きつける鍵盤音がアクセントになり、
インパクトのあるシンセからバンドサウンドが入り、
Asrielらしい美旋律さと翳りを湛えたサウンドで疾走!!
スネアが結構パンチ効いてて良い感じ。
途中多少ブレイクダウンし、エキゾチックな雰囲気になり、
そこから高音の効いた激動ギターソロが展開される。

トラック2CRIMSON
開始早々耳を支配するギターサウンド!
重量感を携えたバンドサウンドでガツガツと攻め、
シンセストリングスも舞わせていく。
歌メロになると一旦の落ち着きをみせ、
淡いギターやベースラインが拝聴できる。
ダークネスな中間からソロが幕を開け、
テクニカルな速弾きが炸裂していき、
チェンバロとの共演はツボを心得ているとしかっ!!

トラック3砂漠ノ航路
タイトルから分かるとおり世界観が出ており、
シタールpっぽい音やドラミングなどで始まり、
バンドサウンド、ピアノ、ストリングスが融合。
終始ミドルテンポで進行していくが、
途中の一部間奏ではテンポアップされている。
ソロでは慟哭ギターが短いながら登場し、
そこからウィスパーボイスも登場させたりと。
ラスト間際のスキャットとか何気に好きだったり(笑)

トラック4BIRTH
うっすらシンセのベールに透明感のあるピアノ、
そしてそこからメロウに飛翔するギタリフ!!
メロディックスピードメタルさを見せつけながらも、
叙情的な雰囲気を振り撒いていく・・・!
勿論ギタソロもエモーショナルさがあるのだが、
少々短いのでもうちょっと長めだったら嬉しかったかも。
反面アウトロでは余韻を残してる感じも。

トラック5COCYTUS
オルゴールサウンドで始まり、
これまたえらく雰囲気出てるなと思っていたら、
そんな思考をぶち破る戦慄のバンドサウンドが台頭。
へヴィさとダークネスさを包含し疾走して、
エフェクト歌唱がアクセントになり、
圧倒的存在感・キラーチューンと言って差し支えないでしょう!!
高速ギターの刻み降り注ぐ淡いピアノ、
畳み掛けるユニゾン構成とか脳汁出まくる展開!!

トラック6夢の境界
メランコリーなピアノの旋律から始まり、
メロディアスギターが登場して歌メロへ移行。
エフェクト歌唱だったり、一呼吸おいたり、
スタイリッシュに瞬打するドラミングだったりと。
非常にKOKOMI嬢の声質が映えた楽曲に。

トラック7その願いが罪ならば
荘厳さをまとったシンセから始まり、
いつもの様にバンドサウンドで疾走。
へヴィギターが道を切り開いていき、
バスドラを鳴らし、キレのあるストリングスでグイグイ。
ソロは唸りを上げるエフェクトギターが鳴動し、
そこからなだらかなピアノがフューチャーされる。
何気にサビ直前の感じがAsrielの何かの曲に似ている気が(曲名忘れた

トラック8ILLUMINATE
既に昇華したようなバンドサウンドで始まり、
やはりこの曲も駆け出していく!
ジャギジャギした高速ギターサウンドが耳に付き、
筋の通ったシンセラインで引き込ませていく。
序盤の短いソロは掻き鳴らしていき、
後半のソロは一音一音染み入らせつつヌルヌル。

トラック9牡丹
シンセのベールと電子音で始まり、
笛の音色にアコギの旋律が聴こえ、
すぐにバンドサウンドが加入してバラードロックに。
故にドラムフィルインが良い働きをし、
スネアの叩く躍動さやシンバル群の鮮やかさ。
ソロでは音作りが秀逸なアコギで彩る。

トラック10マリオネットの恋模様
クリアラスなピアノと笛の音色で始まり、
バンドサウンドが入り疾走を繰り出し、
泣きのギターが叙情さを煽り立てる。
本アルバムの中ではかなりキャッチーさがあり、
程よいテンポでクセもないので聴きやすめ。

トラック11白雪纏
儚げなピアノとシンセで始まり、
ストリングス、笛、バンドサウンドが融合。
笛の浮遊感が冬や雪を想起させ、
濃厚ベースがグイグイと引っ張って行く。
サビではサビに入ると一段畳み掛ける攻勢に。
ソロはエフェクトギターから展開し、
メロディアスなリフに慟哭サウンドも披露。
アウトロはちょっと長めの尺を持たせてラストトラックへ・・・!

トラック12XANADU
アルバムタイトルを冠する最終曲!
電子、シンセ音で幕が開かれ、
最後もファストチューンを見舞ってくる!
有終の美に相応しく怒涛に目まぐるしく、
そして美旋律さと儚さを併せ持ってぶつけてくる。
間奏は颯爽とギターが躍り出て、
ストリングスとのハモリは昇天チャートだ!!!!




総評→★★★★★★★★★★10/10点。
予想を遥かに上回る良曲揃いになっており、
Asrielの力作っぷりを感じられるアルバムに。
総じてアップテンポで捲し立て、
ストーリーさが引き立つ叙情サウンドが蔓延!
基本どれもキラーチューンと言いたいぐらいで、
特にCOCYTUSを聴いた時の衝撃は脳天ぶち抜かれた。
流石はシーンを代表するだけあって圧巻のクオリティーで、
尚且つ更に研ぎ澄まされたサウンドで魅了させていく!



・関連記事
Asriel-Quo Vadis
Asriel-Unveil
Asriel-永遠に捧げし凍てつく眠り
Asriel-Sequentia
Asriel-Devils lullaby
Asriel-汝を照らす朧のアリア
Asriel-Anti Que
Asriel-碧い瞳の光は消えゆ
Asriel-INNOCENT
Asriel-薔薇の棺に太陽は在らず
Asriel-AntiQue 2nd collection
Asriel-淡き夢見る宵闇ノ骸華
KOKOMI-レムリアに捧ぐ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。