―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

六弦アリス-緋の境界と二つの夜 -Prologue A-

同人シンフォニックゴシック、六弦アリスの新譜。
六弦アリス 緋の境界と二つの夜 -Prologue A-

前作夢想演舞 妖之理以来の新譜になっており、
本作は緋の境界と二つの夜 -Prologue B-と同日発売に。
同日発売と言えば緋のローレライのアルバム以来で、
Alice in the Necrosisのアルバムにも関連性のある作品だとか。


・CD概要

2007年度に発表した 「Alice in the Necrosis」 に登場したハルヱと云う名の女生徒が居りました。

彼女は理想と現実との狭間で苦しみ続け、
必要以上に現実を見せようとした母親の言動に耐えきれなくなり、母親を殺害しました。
彼女が通う学校の隣のクラスには、
嶋田紗英と云う女生徒と中村幸人と云う男子学生が居りました。
二人は2008年度に発表した 「緋のローレライ」 の登場人物でもありました。

彼ら二人は自らを取り巻く周囲の在り方について、互いに共通した認識を抱いておりました。
本当は今自分が存在する世界とはまた別の世界が何処かに在り、
どういうわけか自分は作り物の間違った世界を生きてしまっているのではないか…?
其の若さ故の認識を確かめようとして二人は或る事件を起こしてしまいます。
ハルヱが殺傷事件を起こす少し前の出来事です。

今作では更に少し前、紗英と幸人が事件を起こす一ヶ月ほど前から物語は始まります。
以下、今作の主な出来事をまとめた記録です。 日付 行事 出来事 詳細
4月4日(月) 入学式・新学期 C組に配属される蒔映と結荏 蒔映と結荏が前後の席。
その日のうちに仲良くなって一緒に下校。
4月5日(火) 蒔映と結荏、更に親交を深める
4月6日(水)
4月7日(木)
4月8日(金)
4月9日(土) 蒔映と結荏、二人で買い物へ出かける 二人の交換日記が始まる
4月10日(日)
4月11日(月) いつも一人でいるハルヱが気になる結荏
4月12日(火) ハルヱの事を日記で蒔映に紹介する結荏
4月13日(水) 昼休みに結荏がハルヱに話しかける
4月14日(木) ハルヱと3人で昼食
4月15日(金) 同級生達に気持ち悪がられているハルヱに気付く蒔映
いつも一人で窓の外を眺めているハルヱ
4月16日(土)
4月17日(日)
4月18日(月) ハルヱをのけ者にして二人で昼食 結荏は心が痛い
4月19日(火) 蒔映はハルヱの様に同級生達から虐められないよう、
そうするしかないと結荏を説得
4月20日(水) 体育のバスケの授業でボールを回して貰えないハルヱ
いたたまれなくなった結荏がハルヱにパスするとボールがハルヱの顔面を直撃
4月21日(木) 先日の出来事がきっかけで同級生グループと親交が深まる
4月22日(金) ハルヱが不登校になる
4月23日(土)
4月24日(日)
4月25日(月) ハルヱの家にプリントを届けるよう担任に頼まれる蒔映
二人で会いに行くが、ハルヱが会ってくれない
4月26日(火) 生物の京本先生が同級生の間で人気
京本先生はスカしたイケメンなので二人はあまり好みでは無いご様子
4月27日(水)
4月28日(木)
4月29日(金) 再びプリントをハルヱに届けるよう頼まれる蒔映
二人で会いに行くが、やはり会ってくれない
4月30日(土) 二人で散歩しているとハルヱと偶然出会う
そのまま近くの公園へ行き、事情を説明して辛うじてハルヱと和解する。
5月1日(日) 蒔映が一人でハルヱの家に行く 学校へ来るよう説得
5月2日(月)
5月3日(火)
5月4日(水)
5月5日(木)
5月6日(金) 紗英、幸人事件 生物の講師、
京本が殺害される・ハルヱ登校 ハルヱは二人に気遣って一人、教室を出て外で昼食
5月7日(土) 幸人が連行され、逃走中だった紗英が飛び降り自殺
5月8日(日)
5月9日(月) 学年集会 D組の紗英、幸人事件について語られる

8月13日イベント当日、会場購入者限定で以下の作品が無料で付いて来ます。
まずはこちらをご覧下さい。

今作の主役、蒔映と結荏による異様にリアルな内容の交換日記です。
他人の日記は勝手に盗み読んじゃいけないと分かっていながらも、何だか気になりますよね。
そんな変態的な皆様の為に、とてもいやらしい作品をご用意致しました。
なお、こちらの交換日記はある出来事を境に更新が途絶えております。
続きは昼ドラレベルでドロドロとした内容になって行きますが、
この続きは冬に出る予定のアルバム (後編) の特典へと繋がる事でしょう。

因みにこの交換日記には名前があります。
「薔薇と禁断の黙示録」 と題されており、
蒔映と結荏が相談した結果、蒔映が頑張って付けたタイトルです。
内容は黙示録など一切関係なく、ただの交換日記です。
こういう所もリアルさを追求しました。
中身も結構リアルなので、付いて行けない人は付いて行けない内容になっていると思います。
くれぐれもご注意下さい。   ―――公式より抜粋



尚、AとBの2作品ではギタリストが異なっており
Aでは最近お馴染みのYoukiさんが担当し、
Bでは鋼鉄兄貴さんが担当しているので、
ひょっとしたらギタープレイの差別化があるのかな?なんて思いながら聴き進めることに・・・。


トラック1MOTHER
やや怪しめな雰囲気で幕を開け、
アンナ嬢のうっすらとしたコーラスがより助長させている。
歌メロになるとバンドサウンドが展開し、
淡めのギターサウンドなどで穏やかな感じで入りつつ、
すぐにアンナ嬢が牽引するエモーショナルな歌唱と、
これまたエモいギターリフが炸裂するっ!!
ささやかめなドラミング、へヴィなバッキングギター、
PHを要所要所にかまし、
叙情的な楽曲に合うこれぞ六弦アリス的エモいギターサウンドなどなど。

トラック2完璧なひまわり
全体を覆うコーラスとへヴィギターを筆頭するバンドサウンドで始まり、
メタリックに疾走を始め、うねり気味で独特な異彩を放つシンセがアクセントに!
PHから歌メロに移行し、浮遊するシンセサウンドが耳につき、
サビではガッツリとした重厚感で低音ベースもしっかりとキテます。
ドラムフィルインも隙無く詰め込んでるのも六弦アリスだな~と(笑)
間奏は音づくりの良いメロウなリードギターをメインに、
低音系のギター&ベースのザックリ感。

トラック3迷イノ森
いきなりドラマティック性を帯びまくった壮大な様相を呈し、
ストリングス・チェンバロちっくな音に、
荘厳クワイアにグル―ヴィーなバンドサウンド!!
そこからやや禍々しさのある雰囲気から男性のセリフが飛び出し、
とうとう六弦アリスもセリフを起用したかってな感じに(笑)
この楽曲自体は盛り上がるバックサウンドと、
セリフを吟味する路線で、歌パートは少ないですね~。
そんな中しっかりとギターソロが導入されてるのは嬉しかったり。
しかしバックサウンド、セリフの展開が何気に素晴らしいと痛感!!





総評→★★★★★★★★★☆9/10点。
ここ最近東方アレンジの2枚ばかり聴いていたので、
ちょい久しぶりに六弦アリスオリジナル楽曲を聴くと改めて良い!
六弦アリス的エモいギターサウンド、
壮大・荘厳クワイアの鉄板も満足ですが、
やはり3曲なので物足りなさを感じつつも、
いつか出るであろうこのエピソードのアルバムに思いを馳せる・・・。




・関連記事
六弦アリス-OMEN OF SEVEN
六弦アリス-新興宗教 万華教
六弦アリス-骨董店『Mystique』
六弦アリス-マダム・ヴァイオレット
六弦アリス-独裁者ノススメ
六弦アリス-原宿ロリヰタキネマ
六弦アリス-夢想演舞 月之理
六弦アリス-夢想演舞 妖之理
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる