―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GILDIA-『Elminada -赫触の魔女-』

同人ロック・メタルサークル、GILDIAの新譜。
GILDIA 『Elminada -赫触の魔女-』

前作「Overture-scene Elminada-」以来となる2ndアルバムで、
その前作に引き続くエピソードとなる本作!!
今回も魅力的なジャケットで既に期待度がアップしており、
SHIKIさんによる叙情ストリングスや、
メタリックなギタソロなどを期待しながら聴き進めることに。
クレジットを見る限りでは生のヴァイオリンだったり、
EtherRyoさんが参加しており、グレードアップしてそうなアルバムな予感!!


トラック1Introduction
開幕トラックは一分弱になっており、
チェンバロやストリングスが鳴らされ、女性のセリフが入る。
終盤は低音の鍵盤キー一打に、これから開幕するぞという発言で次のトラックへ・・・。

トラック2Overture -Scene Elminada-
こちらは1stシングルに収録されている楽曲で、
一聴する限りでは特に変更点は無さそうですが、
先にも挙げたとおり、ヴァイオリンが生音になっている点ぐらいでしょうか。
しかしこの楽曲は何回聴いても飽きさせない!

トラック3Despair Region
アコギとシンセで始まり、歌メロになると刻むギター、
あさやかに打ち鳴らされるシンバルで進行し、
歌唱が引き立ったバックサウンドになってますでしょうかね~。
サビになると伸びやかな歌唱で、ヒートアップしてくるドラミングから、
間奏でのピアノ、淡いシンセ・ベースなどへの展開はツボです(恍惚
ちょっぴり長いアウトロも、適度な余韻を残らせます。

トラック4リリスの心室
重厚さのある弦楽や、めくりめくストリングスで幕を開け、
リズミカルさ、グルーヴ感のあるバンドサウンド等で進行。
歌唱からの合いの手を入れるようなストリングスの演出が何気にいいですね~。
ヴォーカリストの高音キーも少なからず炸裂し、
GILDIAの中でもスローテンポながらも聴き入らせる世界観を構築。
間奏では感情的且つフォルテッシモ気味に叩きつけるようなピアノが印象的に。

トラック5約束のソラに
幾重物重厚感のあるストリングスで始まり、
その重たさを歌唱とバンドサウンドでぶち破り疾走!
へヴィな質感を感じさせるバッキングギターがメタリックさを助長させつつも、
うっすらとしたコーラスや電子音で叙情さを煽っていく!!
ギタソロは音作りの良いメロウでクサみのあるリフを展開。
終盤は奥まったサウンドになり、ピアノと歌唱等で静を演出。

トラック6磔刑ルイン
重た~いストリングスとベースが同調した開幕から、
バンドサウンドとぎらつくネオクラ系シンセで爆走し、
これはもう早くもキラーチューンと確定させられる。
美しくも儚いピアノの旋律に、存在感のある歌唱で牽引し、
追随するタイプなどで盛り上げいく。
間奏ではツインギターの織り成すメロウな速弾きユニゾンで昇天(笑)
いやこれはもうクサすぎてたまらんのですよ!!

トラック7Desart Fantasy
砂塵が吹き荒れるような感じの音で始まり、
笛の音色にアコギで進行する辺り民謡テイストさが窺える。
しかし歌メロになると民謡さは減退しており、
普通に聴きやすいポップロックの様相を呈しており、
ギタソロでは珍しくワウギターを導入した展開。
サビでの二重歌唱が曲の雰囲気に合ってて良いですな~。

トラック8赫触の魔女 -Eclipse-
タイトルからしてキラーチューンと思わせる楽曲で、
バンドサウンドとストリングスでいつも通り疾走していき、
要所要所メリハリを付けるドラミングで颯爽と駈け、
ギタソロではへヴィギターから入りつつ、
そこから一気にメロウでスピーディーなソロを。
全体的に重ためな雰囲気を纏いつつも、
かなり爽快に飛ばしてくる楽曲でクセもない感じに。

トラック9風使いの詩
イントロは荘厳さを滲ませつつも、
歌唱とバンドサウンドでぶち破り疾走。
何らかの効果音が耳に付き、弦楽は優雅さも。
サビらへんが栗林みな実さんっぽく聴こえてしまうのは僕だけでしょうか(笑)

トラック10Cross Memory -Revision-
教会とかを彷彿とさせるようなシンセ使いに、
鳥の囀りらしきもので始まり、そこからアタック感のあるバンドサウンドで爆走!
ややキラキラとした装飾を纏い、メロウ極まるツインギター!
そして短いながらもベースが前面に押し出たソロへ。
改めてスマッシュに盛り上がりサビでガッツリと駆け抜け、
歌メロ部分までは基本ノンストップで、
アウトロはテンポダウンし、やや長めの尺で終了。
折り返し辺りのソロでもツインリードでピロピロさせてくる!!


―GILDIA 『Elminada -赫触の魔女-』 特設サイトへ―


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
本作もファストテンポな楽曲が大半を占め、
お馴染みの流れ・展開で様式美だなと思わされつつ、
叙情メロがちょっと減ったかもと思ったり。
代わりにハードなアニソンっぽさが色濃くなってるような楽曲も。
音は従来どおりライトな質感で聴きやすさ抜群ですが、
もうちょっとへヴィさを求めたい。
やはり今ぐらいが一番ベストな音圧でウケは良さそうですが、
メタリックサウンド・重金属的な質感が少ないのは残念。
しかし総合的には曲のクオリティー云々はハイレベルで、
最初はクセの少ないヴォーカリストさんだなと思ってましたが、
最近ではこの歌い手さんだからこそ際立つ楽曲群だなと痛感!!
今後も非常に楽しみなサークルさんの一つです!



・関連記事
GILDIA-蒼煉のヤヴンハール
GILDIA-「Overture-scene Elminada-」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
管理人が聴いたアルバムの感想を書きなぐったり、プレイしたエロゲの感想を書きなぐったりするだけの辺境の地です(苦笑)

ニコ生やらTwitterとかやってるので良かったら拝見してみてください~(´∀`)




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。