―――同人音楽・エロゲメインにレビューを書き綴っていきますか~。

Kraster-東方空想歌

同人サークル、Krasterの新譜。
Kraster 東方空想歌

前作Re:solution以来となる新譜。
個人的にはここ最近Krasterの株が上がりまくりで、特にその前作のヘビロテ回数はヤバイ!(笑)
アレンジャー羽丘淳さんによるバラード・ロックアレンジは、
毎回どれも捨て曲はないぐらいと言っていいほどの良アレンジばかり。
さてさて本作では歌い手にハイジさんが再び登場し、
男女混声合唱ナンバーにも大いに期待したいところであります。


トラック1I'll be to forever
開幕を飾るはネクロファンタジア・墨染めのアレンジ。
イントロは電子音から始まり、そこからの歌いだしはネクロファンタジアのメロに。
ややアッパー気味な電子音で颯爽と駆け出すナンバーで、
サビ以外は墨染めの桜のメロを主に踏襲してる感じでしょうか。
多少Ne;onさんの声にエフェクトがかかってるように聴こえたり。
ギター等の音も入ってますが、ベースの方が存在感が濃いラインを形成。

トラック2Imitation Blue
二曲目は魔法図書館・ルナ・ダイアルのアレンジ。
イントロはうっすらとした神秘的なシンセなベールに、
ルナ・ダイアルのメロを踏襲したピアノの旋律で始まるが、
そこから一気に電子音が流れ出し、ユーロビート調に変化!!
その電子音の奔流による中でもメリハリのある流れ。
歌いだしは魔法図書館から入り、ギターもユーロに相応しい働きを。
ギタソロは流れに乗っかりつつコンパクトなリフを展開。

トラック3Enfleurage
三曲目はブクレシュティの人形師のアレンジ。
リズミカルなドラミングに、シンセストリングスが舞い飛び、
荘厳・壮大さをヒシヒシと感じさせ歌メロヘ。
シンフォニック・ゴシックロック系統を彷彿とさせつつ、
ピアノなどが入り、アクセントとなっていますでしょうか。
静と動などの起伏もまた良い演出・展開になってますね~。



トラック4YOU
四曲目は東方妖々夢・広有射怪鳥事のアレンジ。
ブリッジミュート・グリッサンドから始まり、
メロウ極まるリードギターに導かれ歌メロへ。
適度にバンドサウンドが効いた流れで進行し、
サビに入る直前ではスマッシュな盛り上がりをみせ、
広有射怪鳥事のメロになり、アッパーガールズの歌唱が映える!
真剣に聴くとちょっと赤面したくなるリリックで、
特に「だ・い・す・き」という合いの手が(///)
でも・・・こういうノリ嫌いじゃないぜ? 寧ろ好きですが(笑)

トラック5パラソル哀歌
次は万年置き傘にご注意をのアレンジ。
ミュートシンバルテイストに淡目のギターサウンドで始まり、
軽めの咆哮から颯爽としたリードギターのリフなどで疾走。
歌メロになるとせりあがるベースサウンドのライン。
グルーヴィーなバンドサウンド、グリッサンドから、
ギタソロになりメロディアスなリフを披露。
特にクセもなくストレートなロックアレンジで非常に聴きやすい。



トラック6櫻舞う季節に歌う
こちらはさくさくらのアレンジで、
雷迅煌に収録された楽曲のリアレンジ的ポジション。
開幕から「さくら~さくら~」とまさにさくらさくら。
低音の羽丘さん、高音のNe;onさんのツインヴォーカルに魅了され、
終始電子音で進行し、間奏では手を打ったような音に
儚いピアノの調べが乗っかるのはちょっと切ない。
時期的にも桜なんで、なんか感傷的に耽ってしまいそう(笑)

トラック7偽りのdoubt
七曲目は六十年目の東方裁判のアレンジ。
シンセストリングスで先導し、バンドサウンドも並走していく。
ややごつめの質感を持ったベースが色濃く、
非常に低音が効いており、ちょこっと捲くし立てる時も。
サビ直前ではサラサラとした流麗な音に導かれ、
哀愁さを感じさせるサウンドが引き立つ。
アウトロのギターは抉り込む感じで入りつつ、
メロウさと速弾きを展開し、ラストはグリッサンドで締める!

トラック8Hold on to my soul
八曲目はエクステンドアッシュのアレンジ。
これまでとは打って変わって大人の雰囲気を感じさせる。
という訳でリリックも男女のアレコレと言ったワードがちらほらと。
落ち着いたアコギに、ピアノ・電子音が融合。
それらのバックサウンドも良く、ツインヴォーカルを引き立ててる感じに。
間奏ではハモンドちっくな音で軽快且つムーディーさをあしらう。

トラック9Dear my friend
九曲目は恋色マスタースパーク・少女綺想曲のアレンジ。
改めてガッツリとしたバンドサウンドの疾走チューンで、
最初は恋色マスタースパークのノリの歌メロになり、
ハーモニクススクウィールっぽさのある咆哮が鳴らされ、
Bメロは少女綺想曲になり、サビで再度恋色マスタースパークの流れへ。
間奏では少女綺想曲のメインとなる部分をしっかり電子音で前面に立たせ、
そこからは静のパートを演出し、ピアノと歌唱のみでやや進行。

トラック10あやとはたての奇妙な日常
二桁十曲目のアレンジは妖怪の山。
タイトルから分かるとおりやや色物さを漂わせるが、
アグレッシブなドラミングから叙情的なギターで始まる。
文とはたてのちょっとした皮肉じみたリリックのやり取りがあり、
名言である「あやや」が歌唱にのって聴けてちょっと嬉しかったり(笑)
サビは女性ツインヴォーカルのハモリで美くしゅうございます。

トラック11君に届け
ラストトラックは春の氷精のアレンジ。
バンドサウンドから始まり、ソリッド感のあるグリッサンド、
そしてメロディアスのあるリードギターなどで疾走!
羽丘さんの歌唱に合いの手を入れるシンセの演出が何気に良いですね~。
英語リリックのパートでのギターのカッティングも同じことが言えますが。
間奏では抉り込ませたり、シンセとギターの駆け引きが聴けたりし、
そこからは多少の静けさが場を支配する静のパートが展開。


総評→★★★★★★★★★★10/10点。
本作でも幅広いジャンルの楽曲になっており、
羽丘さんのマルチな作曲センスを改めて痛感。
音作りの良いギターサウンドによるメロウさが特に好きで、
bpmが速い曲で駆け抜けるナンバーが好きな反面、
シンセ・ストリングス・ピアノなどで彩るバラード寄りの楽曲も満足!
合唱曲も三曲入っており、全く飽きさせないアルバムに。



・関連記事
Kraster-Re:solution
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

omega1349

Author:omega1349
ねむい

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログ リンクリスト
好きなサークル様

シンフォニック東方でお馴染み! 毎度大仰なオーケストレーションを聴かせてくれ、 歌唱面もグングンLEVEL UP!!

アレンジャー高瀬さんのシンセワークは必聴! 打ち込みながらも満足度が高いサウンド。 プログレやドラマティックさを有したスピードメタル!
FC2カウンター
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる